InkscapeとAdobe Illustratorは、正確で無限にスケーラブルなベクトルアートとデザインを描くために数式に頼る2つのスケーラブルなベクトルグラフィックプログラムです。 この記事の時点ではIllustratorは確かにベクトルアートに関しては業界標準ですが、Inkscapeは実際に実行可能な代替手段として機能することができる魅力的な無料の代替手段です。

言い換えれば、Inkscapeはそれほど悪くない - そしてそれはプレミアム購読を必要としない。

しかし、もちろん、他のプログラムと同様に、Inkscapeには、Illustratorの動作方法とは異なる独自の動作方法があります。 忙しいデザイナーにとって、これはプログラムの切り替えを非現実的でイライラさせることになりかねません。 これは、Illustratorを非常に多く使用しているユーザーには特に当てはまります。プログラムのさまざまなツールやメニューの場所など、ユーザーインターフェイスが2番目にナビゲートする性質になっています。 そして、プログラムの特徴と能力は記憶に捧げられました - それで、あなたはプログラムに関してあなたができることとできないことを正確に知っています。

Inkscapeでは、プログラムの法則が少し異なるため、どこから始めればよいかわからない場合があります。 加えて、あなたはそのプログラムができること、できないことを知らない。

幸いなことに、私は経済的な理由でInkscapeに切り替える必要があるか、単純にこの新しいプログラムを試してみる必要があるデザイナーのための障壁を打破することにしました。スクラッチ。

この記事では、Illustratorの最も一般的または重要な機能と考えているものの3を、Inkscapeの同様の機能と比較します。 タスクごとに同じフォーマットに従います。 イラストレーター次に、同じ、または類似のタスクを実行する方法について説明します。 インクスケープ。

このチュートリアルのビデオバージョンを直接見るか、ビデオをスキップして記事にアクセスできます(複数の言語で利用可能)。

1 IllustratorアートボードとInkscapeキャンバスの作成またはサイズ変更

このリストの最初のタスクは非常に基本的なものです。 とはいえ、この2つのプログラムは、空白の文書をセットアップするとき、つまりアートボード(Illustratorの場合)またはキャンバス(Inkscapeの場合)をセットアップするときには大きく異なります。

イラストレーター

IllustratorはArtboardシステムを使用しているため、単一のコンポジションに複数のアートボードを含めることができます。 これは非常に便利です。シームレスな複数ページのコンポジションを作成できるからです。少なくとも、統一されたデザインの美しさに従った複数ページのデザインを作成できます。

IllustratorようこそスクリーンInkscape vs Illustrator

Illustratorを初めて開くときには、一般的に使用されているさまざまなテンプレートから選択できるウェルカム画面が表示されます(上の写真の赤で囲まれています)。

また、「新規作成」オプション(上の写真の赤い矢印で表示)を選択することもできます。これにより、新しいカスタムドキュメントを作成できます。アートボードのサイズを設定し、アートボードを1枚にするか複数枚にするかを選択できます。あなたの作品のアートボード。

この記事を簡単にするために、ウェルカム画面の「新規ファイル作成の開始」セクションの下にある最初のデフォルト構成オプションを使用します。これは、米国版の場合は「Letter - 612 x 792 pt」オプションです。

新しい手紙Artboard IllustratorとInkscapeチュートリアル

このオプションをクリックすると、ウェルカム画面で指定された寸法で新しいアートボードが開きます(赤い矢印で表示)(幅は612 pt、高さは792 pt)。

アートボードの色は白で、アートボードの端または境界線の周囲に細い黒のアウトラインがあり、アートボードを囲む濃い灰色の背景色(緑色の矢印)があります。

アートボードツールIllustratorとInkscapeチュートリアル

このアートボードの寸法を変更したい場合は、XNUMXつのオプションがあります。 最初のXNUMXつのオプションは、コンポジションウィンドウから直接アクセスできます。 ウィンドウの右側にある[プロパティ]タブ(緑色の矢印で示されている)の下にある[アートボードの編集]ボタンをクリックするか、一般にアートボードツールと呼ばれる[アートボードの編集]ツールをクリックします。ウィンドウの右側にあるツールボックスにあります(このツールのショートカットキーはShift + Oで、上の写真の赤い矢印で示されています)。

ドキュメント設定オプションAdobe Illustrator Artboard

XNUMX番目のオプションは、[ファイル]> [ドキュメントの設定]に移動し、[アートボードの編集]ボタンをクリックすることです。

アドビイラストレーターアートボードの編集

使用する方法に関係なく、アートボードツールを使用してアートボード(上の写真で緑色で強調表示)を編集するために同じ画面が表示されます(XNUMXつのオプションすべてがアートボードツールをアクティブにします-上の写真の赤い矢印で示されています)。 この領域では、Artboardツールでマウスをクリックしてドラッグするだけで新しいアートボードを描画できるため、IllustratorはInkscapeよりも少し柔軟性があります。 また、現在のアートボードをAltキーを押しながらドラッグして、コンポジション内に複製のアートボードを作成するか(したがって、複数のアートボードが作成されます)、[新しいアートボードの作成]アイコンをクリックします(これにより、現在のアートボードの複製も作成されます。青い矢印で)。

Adobe Illustratorアートボードの幅と高さを編集する

また、プロパティパネル(アートボードの右側の領域)またはコントロールパネル(アートボードの上部)の対応するフィールドに、アートボードの新しい幅と高さを手動で入力することもできます。 アートボードの幅や高さを編集できるこれらの領域は、上の写真では青で強調表示されています。

ここで最後に説明するのは、他のさまざまなオプションにアクセスしてアートボードを調整したり、プロパティパネルの[アートボードオプション]ボタン(赤い矢印で表示)をクリックして機能を追加したりできることです。

Inkscapeの

それでは、Illustratorでアートボードを作成、サイズ変更、その他の方法で追加/調整する方法はたくさんあります。 では、Inkscapeではこのプロセスはどう違うのでしょうか。

Inkscapeキャンバスと背景

初心者のために、あなたが初めてInkscapeを開いたとき、あなたはウェルカムスクリーンに連れて行かれません。 代わりに、デフォルトのドキュメント(Inkscapeのダウンロードに付属)が開きます(上の写真のように)。 このデフォルトドキュメントは、Illustratorのデフォルトドキュメントの設定方法とは少し異なります。

たとえば、キャンバスは白で、境界線は細い黒です(Illustratorのように、上の写真の赤い矢印で示されています)が、デフォルトでは、キャンバスの周囲の領域も白です(青い矢印で示されています)。 これは、Illustratorで見られる白いアートボード、濃い灰色の背景に慣れているため、Inkscapeを初めて開くデザイナーにとっては大きな問題になる可能性があります。

もしあなたがあなたの InkscapeのキャンバスはAdobe Illustratorのアートボードのように見えます。私の記事をチェックすることをお勧めします。 このタスクを達成する方法について。

Inkscapeで文書のプロパティを編集する

Inkscapeキャンバスのプロパティを変更する場合(つまり、キャンバスのサイズを変更する、背景色を編集するなど)、これを行うにはXNUMXつの方法があります。 頭を上げただけです。現在、Illustratorと同等のArtboardまたはCanvasツールはありません。 最初の方法は、コマンドバーの[プロパティの編集]アイコンを使用することです。これは、キャンバスの右側にあります(上の写真の赤い矢印で示されています)。

文書のプロパティメニューInkscapeチュートリアル

XNUMX番目のオプションは、[ファイル]> [ドキュメントのプロパティ]に移動することです(ショートカットキーはShift + Ctrl + dです)。 Illustratorの場合と同様に、Inkscapeでどのオプションを使用しても、同じ画面である[ドキュメントのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。

ドキュメントのプロパティダイアログInkscapeとIllustrator

[ドキュメントのプロパティ]ダイアログを開くと、キャンバスを編集するためのさまざまなオプションから選択できます(混乱を避けるためのクイックノート–ドキュメントとキャンバスは本質的に交換可能な用語です。ただし、より具体的には、ドキュメントは主にのすべての要素を参照しますキャンバス–キャンバスが表示される単位、キャンバスサイズ、背景色など。キャンバスは、アートが表示されるドキュメントの最後の領域にすぎません)。 たとえば、一般的に使用されるさまざまなテンプレートサイズを使用して、キャンバスサイズを変更できます(Illustratorの場合と同様に、上の写真で青で強調表示されています)。 [カスタムサイズ]セクション(赤い輪郭の領域)でキャンバスの幅と高さを手動で入力して、キャンバスのカスタムサイズを設定することもできます。 キャンバスに使用する値を入力したら、ドキュメントのプロパティウィンドウ(赤い矢印)を終了するだけで、変更が自動的に適用されます。

この例では、1920 x 1080で単位をピクセルに変更しました(これらの新しい寸法は上の写真には表示されていません)。

Inkscape 2019で新しいキャンバスを作成する

デフォルトのキャンバス設定を使用して新しいキャンバスを作成する場合は、コマンドバー(赤い矢印)の[デフォルトのテンプレートから新しいドキュメントを作成する]アイコンをクリックします。 注意すべき重要な点のXNUMXつは、現時点では同じコンポジションで複数のキャンバスを開くことはできないということです。 新しいキャンバスはそれぞれ、常に新しいInkscapeウィンドウで開かれます。

2 IllustratorカラーガイドとInkscapeカラーパレット

この記事で取り上げるXNUMX番目のトピックは、XNUMXつのプログラムでの色の動作の大きな違いです。 Illustratorは現在、この機能を採用しています(アートボード機能の場合とほとんど同じです)が、Inkscapeは、使いやすいサードパーティのリソースで補完できる適切な代替手段を提供しています。 Adobe IllustratorはRGBとCMYKの両方をサポートしていますが、Inkscapeはサポートしていないことに注意してください(ただし、InkscapeはCMYKにエクスポートできます)。

イラストレーター

カラーパネルイラストレーターパネル

Adobe Illustratorには、アートワークの色を参照して適用するのに役立つ、簡単にアクセスできるXNUMXつのカラーパネルがあります。 これらは、カラーパネル、カラーガイドパネル、およびスウォッチパネルです。 これらのパネルは、アートボードの右側にある[パネル]セクションにある最初のXNUMXつのアイコンです(上から下に向かって、上の写真で赤で強調表示されています)。

Illustrator 2019のカラーパネル

色パネル(赤い矢印)をクリックすると、選択した色空間のスペクトル内にある色から選択できます。

カラーパネルオプションメニューIllustratorとInkscape

つまり、カラーパネルの右上隅にある[オプション]アイコン(赤い矢印)をクリックすると、Illustratorでサポートされている任意のカラースペースから選択できます(この例ではCMYKを使用しました)。

CMYKを選択すると、CMYKスペクトル上の任意の色の上にマウスを置いてクリックし、その色をメインの塗りつぶしの色として選択できます。 スペクトルをクリックしたままにすると、ホバリングした色が線の色として選択されます。

塗りと線の色を選択Illustrator

また、前景色または背景色として、カラースペクトル領域(赤で強調表示)の上にあるXNUMXつの見本のいずれかから「なし」、「黒」、または「白」を選択することもできます。

Illustratorカラーガイドカラーパネル

「カラーガイド」(赤い矢印)というラベルの付いたカラーパネルにあるとき、「カラー」というラベルの付いたタブの右側にタブがあることに気付くでしょう。 このタブをクリックすると、カラーガイドパネルに移動します。 [パネル]セクションの上からXNUMX番目のアイコンをクリックして、このパネルにアクセスすることもできます。

私の意見では、カラーガイドパネルはIllustratorにある唯一の最高の機能です。 その理由は、選択した現在の色(この場合は前景色)に基づいて使用する色を推奨し、リアルタイムで色理論を使用して推奨を通知するためです。 カラーガイドに表示される最初の色は前景色で、次に選択した「ハーモニールール」に基づいた推奨色が続きます。

カラーガイドハーモニールールイラストレーター

したがって、ドロップダウン(カーソルを合わせると「ハーモニールール」というラベルが付いています-上記の青色で概説)をクリックすると、この場合に現在選択しているハーモニールールが「テトラッド2」ハーモニールール(赤い矢印)であることがわかります。 )。 前景色に基づいて表示される色は、選択したハーモニールールの背後にある特定の色理論によって異なります。 テトラッド2ハーモニールールには、前景色からの緑、濃い緑、濃い青、ピンクがかった色、茶色の5つの主要な色があります。

イラストレーターカラーガイドTetrad 2 Harmony Rule

これらの5色は、カラーガイドパネルの中央の行に垂直に表示され(これらの色を指す矢印が表示されます。上の写真の赤い矢印で示されています)、各色にはXNUMXつの対応する色合いがあります(の左側)中央の色)とXNUMXつの色合い(中央の色の右側)。

カラーガイドイラストレーター

別のハーモニールール(たとえば、右の褒め言葉)を使用すると、色が変わり、シェードとティントがそれらのメインカラーに基づいて更新されます。 XNUMX色を超える場合もあれば、XNUMX色未満の場合もあります。 それはハーモニールールに依存します。 この場合、XNUMXつの色が表示されます(XNUMX番目の色を表示するには、カラーガイドを下にスクロールする必要があります。スクロールダウンバーは上の写真の赤い矢印で示されています)。

ただし、この機能の主なポイントは、単一の色に基づいてデザインの配色やカラーバリエーションを簡単に作成できることです。 これらの色は、衝突したり、ランダムな色が一緒に投げられたように見えたりしないようにする調和規則に基づいているため、互いにうまく調和する傾向があります。 したがって、デザインの色はより調和のとれたプロフェッショナルに見えます。

カラースウォッチメニューイラストレーターとInkscape

最後に、カラーガイドパネルの下にはスウォッチパネルがあります(青い矢印で示されています)。 ここでは、さまざまなデフォルトの色見本から選択して、前景色または背景色を設定できます。 これには、個々の色と、デフォルトでプログラムに付属しているか、ユーザーが作成した色グループが含まれます。

Illustratorにデフォルトで付属しているすべてのデフォルトの見本を確認するには、[見本ライブラリ]メニュー(赤い矢印で示されている)をクリックして、使用可能なさまざまなオプションを確認します。 この記事の時間のためだけに、Adobeのカラー機能についてはこれ以上詳しく説明しません。 ただし、おわかりのように、Adobe Illustratorには、カラー機能に関して選択できるさまざまなオプションがあります。

Inkscapeの

Inkscapeカラーパレットバー

Inkscapeを初めて開くときに、Illustratorユーザーにとって最も目立つのは、ウィンドウ下部の色見本の列です(写真の緑色で囲まれています)。 最初は、これはほとんど粘着性があり、不快感があります。カラースキームを作成するためのチートシートを使用するには、カラーガイドパネルに相当するもの(Illustratorにあります)を検索する傾向があります。

警告します。現在、Inkscapeにはカラーガイド/ハーモニールールのチートシートはありません。

Inkscapeカラーパレットスクロールバー

ただし、Inkscapeの「カラーパレット」と呼ばれるものには、目に見える以上のものがたくさんあります。 一見すると、キャンバスの下の下部のカラーパレットバーで選択できる色は120程度しかないように見えます。 ただし、すべての見本の下にスクロールバー(赤い矢印で示されている)があり、右にスクロールしてさらに多くの色を表示できます。 利用可能な色の数をすばやく大まかに見積もり、デフォルトで合計600色程度にしました。

カラーパレットバーInkscape色の説明

カラーパレットの最初の色は「なし」(赤い矢印)です。つまり、これをクリックすると、Illustratorの場合と同じように前景色が「なし」に設定されます(Shiftキーを押しながらクリックすると、背景色が次のように設定されます)。無し)。 次に、黒から白に変化する一連の色があり、その後に栗色、黄色、青などの一般的に使用される色が続き、その後に暗い色合いで始まり、から明るい色合いに変化する一連の色が続きます。左から右へ。

カラーパレットの色は、さまざまな色、色合い、色合いからすばやく選択する方法として機能します。パレットは、カラーパレットバーの右端にある小さな三角形のメニューを使用して変更できます(上の写真の緑色の矢印)。

Inkscapeスウォッチメニュー2019

このメニューをクリックすると、選択できる20以上の他のカラーパレットが表示され(上の写真では緑色で囲まれています)、ユーザーが作成したカラーパレットも表示されます(「ウェストマウンテンビール醸造所写真に表示されているカラーパレットは、チュートリアル用に作成したものです)。

新規ユーザー、特にIllustratorからのユーザーにとって、カラーパレットバーの最も誤解を招く部分は、プログラムで色を編集するための唯一のオプションのように見えることですが、確かにそうではありません。

オブジェクトの塗りと線のメニューInkscape 2019チュートリアル

実際、メインのカラー編集領域は、[オブジェクト]> [塗りつぶしとストローク](ショートカットキーShift + Ctrl + fを使用してアクセスできます)に移動すると見つかります。

キャンバスにオブジェクトがまだ描画されていない場合(この例の場合のように)、ここには何も表示されません。

塗りと線の対話InkscapeとIllustrator

オブジェクトを描画する場合(長方形ツールやテキストツールなどを使用-この例では長方形ツールを使用します)、[塗りつぶし]セクションの下にいくつかの色空間オプションが表示されます(上の写真では緑色で囲まれています)。 )これにより、長方形の塗りつぶしの色をキャンバス上でライブで調整できます。

塗りと線の対話をInkscape vs Illustratorで閉じる

デフォルトでは、Inkscapeを使用すると、HSLスライダー(HSLは色相、彩度、明るさ–アルファまたは透明度を表す「A」スライダーもあります。 その他のオプションには、RGB(赤、緑、青、アルファ)、CMYK(シアン、マゼンタ、黄色、黒)があります。注:CMYKカラーを選択することはできますが、InkscapeのCMYKカラープロファイルに出力するには、XNUMX番目のオプションが必要です。パーティプラグインまたは回避策)、Wheel(カラーホイールから選択できる)、およびCMS(カラープロファイルを選択できる-この記事ではこのオプションについては説明しません)。

「ホイール」オプションをクリックすると、Illustratorの「カラー」パネルと同様に、塗りつぶしの色としてマウスポインタを使用してランダムな色を選択できることがわかります。

[塗りと線]メニューには、線形または放射状のグラデーション、メッシュグラデーション、またはパターンを追加する機能など、詳細には触れないオプションが他にもあります。

Inkscapeカラーホイールストロークメニュー

[ストローク]タブ(赤い矢印で示されている)をクリックして、これらすべての機能をオブジェクトのストロークに適用することもできます。 この場合、赤の塗りつぶし色しか設定していないので、「ストローク」タブをクリックしても何も表示されません。 ただし、カラーパレットバー(青を使用)から色をShiftキーを押しながらクリックしてストロークを追加すると、ストロークに同じ色のオプションが表示されます(上の写真を参照)。

InkscapeにIllustratorにはない機能のXNUMXつは、オブジェクトのストロークにグラデーションを追加する機能です。 Illustratorの機能の欠如にいつも悩まされてきたので、これは私の意見では実際にはInkscapeにとって大きな勝利です。

3 図形を組み合わせる:IllustratorシェイプビルダーツールとInkscapeパスメニュー

カラーガイドパネルは、Illustratorで最も便利な機能の1つであると私は考えています。 私の考えでは、2番目に便利な機能はShape Builderツールです。 このツールを使用すると、図形を組み合わせてより複雑なオブジェクトを簡単に作成できます。これにより、プログラムの機能が大幅に拡張され、アーティスト以外でも描画スキルを必要とせずにアートワークを作成できます。 Inkscapeはありがたいことにこの機能の独自のバージョンをプログラムに組み込んでいます。これは明らかに無料プログラムへの切り替えをはるかに簡単にします。

イラストレーター

Illustratorシェイプビルダーツール

Illustratorでは、(上の写真で行ったように)互いに重なり合う少なくともXNUMXつの形状を描画することから始める必要があります。 次に、選択ツールを使用するか、[選択]> [すべて]に移動して、すべての形状を選択します。

シェイプビルダーツールは、ツールボックス(上の図の赤い矢印で示されている)、またはショートカットキーshift + mを使って見つけることができます。

アートボードツール形状領域イラストレーター

結合するすべてのシェイプ(この場合はXNUMXつのシェイプ)を選択した状態で、シェイプのさまざまな重なり合う部分(リージョンと呼ばれます–シェイプビルダーで強調表示されたXNUMXつのリージョンを表示できます)にマウスを合わせることができます。上の写真の赤い矢印で示されているツール)を使用して、「抽出」または「マージ」するパーツを確認します。

アドビイラストレーターシェイプビルダーエキス

図形の一部を抽出または分割するには、元の図形セットから分割したい図形領域を1回クリックするだけです。

Illustratorシェイプビルダーツールでシェイプを結合する

図形の領域を結合するには、結合したいすべての領域にわたってマウスをクリックしてドラッグします(上の写真の矢印は、マウスをクリックしてドラッグしたときにツールによって作成された線を指しています)。

重なり合う領域の一部を結合するか、選択したすべての形状のすべての領域を結合することができます。 新しい形状または形状領域の最終的なスタイルは、 ShapeBuilderツールに関するAdobeのルール.

アドビイラストレーターパスファインダーツール

また、複数の図形を選択すると、アドビは[プロパティ]パネルの下にパスファインダーオプションを表示します(上の写真では緑色で囲まれています)。 パスファインダー機能は基本的にシェイプビルダーツールと同じですが、ワンクリックアクションを実行してシェイプを抽出またはマージできます。 使用可能なXNUMXつのアクションは、クリックして結合、クリックしてマイナスフロント、クリックして交差、クリックして除外です。

インクキャップe

Inkscapeで複数の図形を選択する

Inkscapeは、シェイプを「オブジェクト」および「パス」と呼びますが、Illustratorの用語を使用するために、シェイプの抽出とマージを利用できます(オブジェクトを描画した後にパスに変換したかどうかによって異なります)。 Inkscapeではプロセスが少し異なりますが、Illustratorの例で行ったように、長方形と円が互いに重なり合うところから始めます。

両方の図形を選択するには、選択ツール(赤い矢印で示されている)を使用して選択するすべての図形をShiftキーを押しながらクリックするか、マウスをクリックしてドラッグし、Ctrlキーを押しながら任意の図形の上にドラッグします。選択する図形の数(選択するすべての図形の図形全体をドラッグする必要があります。そうしないと機能しません)。

パスへのパスオブジェクトInkscapeとIllustratorシェイプビルダー

オブジェクトと呼ばれるシェイプを選択したら、それらをパスに変換する必要があります。 これを行うには、[パス]> [オブジェクトからパス](赤い矢印)に移動します。

パスメニューInkscapeとIllustrator

その後、パスメニューを使用して、Illustratorのパスファインダー機能に似たさまざまな機能を実行できます。 8のオプションは全部で(上の写真では緑色でハイライトされています)、Union、Difference、Intersection、Exclusion、Division、Cut Path、Combine、Break Breakなどがあります。

ユニオンパスシェイプビルダーFeature Inkscape

たとえば、上の写真では、「ユニオン」を選択してXNUMXつの形状をマージし、XNUMXつの抽象的な形状を作成しました。

そのため、Illustratorのパスファインダーツールと同様に、Inkscapeのパスメニューを使用すると、ワンクリックでさまざまな種類の図形を作成できます。

要約すると、InkscapeとIllustratorは、実際には表面に最初に表示されるものよりも実際には似ています。 それぞれのプログラムは、やや異なるやり方で、同様の最終結果を生み出します。

このチュートリアルは以上です! あなたがそれを楽しんだ場合、あなたは私の他のいずれかをチェックアウトすることができます Inkscapeのヘルプ記事, Inkscapeビデオチュートリアル、あるいは私の GIMPチュートリアル.

GIMPニュースレターを購読する

サインアップして、新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!