この記事では、無料のベクターグラフィックエディターであるInkscapeを使用してQRコードを生成する簡単な方法を紹介します。

QRコードの人気は急速に高まっており、人々は携帯電話のカメラをすばやく引き出してコードをスキャンし、任意のWebサイトのURLに移動できます。 これらのQRコードはレストランなどで普及しており、常連客は携帯電話のメニューをすばやく表示できるため、具体的なメニューとの接触を減らすことができます。

では、InkscapeでQRコードをどのように生成しますか?

コンピューターでInkscapeを開くことから始めます(ソフトウェアはInkscape.orgから無料でダウンロードできます)。 ポップアップ表示されるウェルカム画面の[描画時間]タブ(上の画像の赤い矢印)で(Inkscape 1.0以降を使用している場合)、使用可能な多くのテンプレートのいずれかに基づいてドキュメントサイズを選択します。 「画面」タブ(黄色の矢印)の下にある「デスクトップ1080p」サイズを使用しました。

新しいドキュメントを開いた状態で、[拡張機能]> [レンダリング]> [バーコード]> [QRコード]に移動します(上の画像の赤い矢印)。

これにより、QRコードダイアログが表示されます。 ここでは、スマートフォンのカメラでコードをスキャンしたときにユーザーに誘導するWebサイトなど、さまざまな設定を行うことができます(これは、上の画像の「テキスト」というラベルの付いたセクションの下にあります)。

私の場合、「テキスト」フィールドに自分のWebサイト「daviesmediadesign.com」と入力しました。 「適用」をクリックしてQRコード(黄色の矢印)を生成し、「閉じる」をクリックしてダイアログを終了します(次の詳細設定について詳しく知りたい場合は、今すぐダイアログを終了しないでください)セクション)。

上の画像で、InkcapeのQRコードジェネレーターのデフォルト値を使用して生成された最終製品を確認できます。 この記事の後半で、QRコードの外観をカスタマイズするいくつかの方法について説明します。

このダイアログでは、さらに高度な設定を調整することもできます。これについては、以下で説明します。

高度なQRコード設定

ここまで、QRコードダイアログを開き、「テキスト」フィールドにURLを追加しました。

次に、[ライブプレビュー]オプション(上の画像の赤い矢印)をオンにすると、QRコードがドキュメントに表示されます(青い矢印-QRコードダイアログを邪魔にならない場所に移動して表示する必要がある場合があります)。

テキストフィールドの下には、[サイズ、単位正方形]ドロップダウンがあります(上の写真の黄色の矢印)。 この機能を使用すると、QRコードに表示されるデータの量を手動で変更できます。これにより、コード自体のサイズが変更されます。 Inkscape拡張機能は、「テキスト」フィールドに追加したURLに基​​づいて適切なサイズのQRコードを自動的に作成するため、この値を手動で設定することはお勧めしません。

簡単に言うと、URLが長いほど、QRコードは大きくなります。 たとえば、自分のWebサイトの記事のXNUMXつから長いURLを追加すると(上の画像の赤い矢印)、追加の文字に対応するためにQRコードが大きくなります(青い矢印)。 URLが長いほど多くの文字が含まれるため、より多くの「モジュール」または小さな正方形が含まれます。

繰り返しになりますが、このドロップダウンを「自動」に設定しておくことをお勧めします。

次のドロップダウンは「エラー訂正レベル」(赤い矢印)です。 デフォルトでは、これは「L(約7%)」に設定されます。これは、「クリーンな」環境、またはQRコードが汚れたり、警告されたり、損傷/破壊されたりすることが予想されない状況で最適に機能します。 コードが打撃を受ける可能性のある場所(つまり、建設現場、にぎやかな都市のにぎやかなコーナーなど)に配置されることが予想される場合は、エラー訂正をより高くすることをお勧めします。

最高の設定は「H(約30%)」で、この設定はより多くのデータを含みながら最大のQRコードを生成します。 %は基本的に、QRコードが正常にスキャンされる能力に影響を与えることなく破棄できるデータの量を意味します。

「M(約15%)」設定(赤い矢印)は、コードを大きくしたりビジーにしたりすることなく、QRコードを損傷から保護するための適切な妥協案です。

次のオプションは、「文字エンコード」ドロップダウン(上の画像の赤い矢印)です。 ここにはXNUMXつのオプションがあり、URLまたはテキストで使用されている言語または記号に応じて最適なオプションがあります。

英語の標準URLを使用している場合は、「ラテン語1」を使用できます。

特定のヨーロッパ言語(英語以外)を使用する場合は、CP1250またはCP1252を使用することをお勧めします。

最後に、世界中のさまざまな言語の記号を含め、テキストでUnicode文字または記号を使用している場合は、UTF-8を使用することをお勧めします。

次のオプションである「QRコードを反転」(黄色の矢印)は、QRコードの背景色を白から黒に変更するためのチェックボックスです(画像の赤い矢印で示されています)。 Inkscapeのいくつかのツールを使用して、コードのメインモジュール(正方形)の背景色と色を変更することもできます(詳細は後で説明します)。

「正方形のサイズ」フィールド(黄色の矢印)を使用すると、QRコードの全体的なサイズを変更できます。 値を小さくするとQRコードが縮小し、値を大きくするとQRコード全体が拡大します。 この場合、サイズを4.0から10.0に変更して、QRコードを大きくしました(赤い矢印)。 Inkscapeの他のツールを使用して変更を適用した後、QRコードのサイズを調整することもできます。 ただし、QRコードをより正確に拡大または縮小したい場合(コード内の正方形モジュールのサイズ(ピクセル単位)に基づく)、このオプションを使用できます。

「描画タイプ」ドロップダウン(黄色の矢印)を使用すると、QRコード内のモジュールの描画方法を変更できます。 デフォルトでは、「スムーズ:ニュートラル」オプションが選択されている場合、データは正方形で表されます。 ただし、他にも選択できるカスタム設定があります。 たとえば、「Path:circle」オプションは、すべてのモジュール要素を円に変更します(上記の例では赤い矢印)。 次のステップでは、これをデフォルトの「スムーズ:ニュートラル」に戻します。

次のオプションである「スムージングスクエア値(0-1)」(上の写真の黄色の矢印)を使用すると、スクエアモジュールに適用されるスムージングの量を追加または削減できます。 デフォルトでは、これは.2に設定されています。これは、各正方形のエッジの周りに少しスムージングがあることを意味します。 この値を1.0まで上げることができます。これにより、正方形に大幅なスムージングが追加され、正方形がさらにブレンドされます(赤い矢印)。 値がゼロの場合、正方形に適用されているすべてのスムージングが削除されます。 この値は好きなように設定できます。これは基本的に、コードの美学を変更する方法にすぎません。

スムージングドロップダウンの下には、[描画タイプ]ドロップダウン(赤い矢印)から[パス:カスタム]オプションを選択したときにQRコードの外観と位置を調整するための[パス文字列](黄色の矢印)というタイトルのテキストフィールドがあります。 Inkscape 1.1ではSymbolオプションは機能しませんが、「Symbol」描画タイプオプションでも機能するはずです。少なくとも私にとってはそうではありません。

最初の項目は「m0,1」と言います–これは座標です。 最初の値を変更すると、QRコードの位置が左または右にオフセットされます(数値を正または負にするかどうかによって異なります)。 XNUMX番目の値を変更すると、QRコードが上下にオフセットされます(これも、数値が正か負かによって異なります)。 ここでは任意の数値を使用できます。これは、ドキュメントが設定されている単位(ピクセルなど)に基づいていると確信しています。 選択ツールを使用して適用した後はいつでもQRコードを再配置できるため、この機能は完全に必要というわけではありません。

「|」で最初のアイテムと区切られている次のアイテム記号は、「0.5、-1 | デフォルトでは0.5、1インチ。 これらの値は基本的にモジュールシンボル(つまり三角形)のサイズを決定します。 値を変更すると、三角形のシンボルの0.8つの側面が調整されます。 たとえば、「1、-0.5 | 1、XNUMXインチの三角形は、寸法を調整したため、少し右に傾いて表示されます。

ここで値を自分で試して、シンボルをカスタマイズする方法を確認できます。 それを超えるとシンボルが互いにブリードし始めるので、値はおそらく1.0未満のままである必要があることに注意してください(したがって、QRコードが読み取れなくなります)。

最後のフィールドは「グループID」です。 これにより、SVGファイル(コードも含まれる「スケーラブルベクターグラフィックス」ファイル)へのエクスポートなどのために、QRコードにIDを手動で割り当てることができます。 空白のままにすると、Inkscapeは自動的にコードにIDを割り当てます。 それ以外の場合は、ここに手動で名前を追加できます。 グループIDとして「これはテストです」と入力しました。 瞬間的に表示される場所をお見せします。

[適用](黄色の矢印)をクリックしてコンポジションにQRコードを生成し、[閉じる]をクリックしてQRコードダイアログ(青い矢印)を終了します。

ctrl + shift + xを押してXMLエディターダイアログ(赤い矢印)を表示すると、グループIDを表示できます。 この生成されたQRコードに関連付けられたバックエンドコードが表示されます。 コードの最後の行に、私が作成した「これはテストです」グループIDが表示されます(黄色の矢印)。 次の表では、このQRコードのメタデータも確認できます。XNUMX行目には「id」、値には「This is atest」(青い矢印)のラベルが付いています。

生成されたQRコード自体は、実際にはXNUMXつの別個のオブジェクトです。背景モジュールと前景モジュール(つまり、正方形の要素)です。 選択ツール(赤い矢印)で背景(緑の矢印)をクリックし、カラーパレットの色をクリックしてその色(青い矢印)を変更できます。

前景要素でも同じことができます。選択ツール(赤い矢印)で要素(緑の矢印)をクリックし、カラーパレット(青の矢印)から色をクリックして色を変更します。

必要に応じて、どちらかのオブジェクトにグラデーションを使用して、色をさらにカスタマイズできます。

このチュートリアルは以上です! あなたがそれを好きなら、あなたは私の他をチェックアウトすることができます Inkscapeのチュートリアル or Inkscapeのヘルプ記事.

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有