Inkscapeは、プログラムを最初に始めたときに間違いなく慣れが必要です。 あなたが学びたいと思うかもしれない最初のタスクのXNUMXつは、Inkscapeでオブジェクトを回転させる方法です。 このタスクに特定の「回転」ツールを使用するGIMPなどの他のプログラムとは異なり、Inkscapeの動作は少し異なります。

Inkscapeでオブジェクトを回転させる方法を見てみましょう。 このチュートリアルでは、Inkscape1.0を使用します。 これがどのように機能するかを示すために長方形の形状を使用しますが、Inkscapeのrotateメソッドは、テキストボックスだけでなく、すべてのオブジェクトと形状に対して機能します。 以下のこのチュートリアルのビデオバージョンを確認するか、左上隅の言語ドロップダウンから30以上の言語で利用できる完全なヘルプ記事をスクロールして渡すことができます。

また、Inkscapeのユーザーインターフェイスをダークモードで設定しています。 あなたは私の中でそれを行う方法を学ぶことができます Inkscape 1.0ダークテーマ設定 ヘルプ記事。

方法1:回転ハンドルでキャンバス上を回転させる

オブジェクトを描くことから始めましょう。 これを行うには、長方形ツール(上の画像の赤い矢印)をつかみ、スウォッチパネル(青い矢印)で色を左クリックして長方形の色を選択し、マウスをクリックしてドラッグします。長方形を描くためのキャンバス。

マウスを離すと、長方形がキャンバスに表示され、見本パネルから選択した色(この場合は赤)が塗りつぶしの色として表示されます。 また、私の形状には3つのハンドルがあります。長方形の左上隅と右下隅にある正方形のハンドル(上の写真の青い矢印)と、右上隅にある円形のハンドル(緑の矢印)です。 これらのハンドルは、形状の幅と高さを調整したり(正方形のハンドル)、形状の角に丸みを追加したりするためのものです(円形のハンドル)。

ただし、図形を回転させるには、ツールボックスの選択ツールをつかむ必要があります(上の写真の赤い矢印)。 このツールを選択すると、シェイプの周りのハンドルがシェイプのさまざまな部分で黒い矢印に変わります(青い矢印)。

最初に表示されるこれらのハンドルを使用すると、形状のサイズとアスペクト比を変更できます。

選択ツールで図形を直接クリックすると、ハンドルが変わります。 図形の側面に沿ってXNUMXつの矢印(上の画像の青い矢印)が表示され、図形の隅にXNUMXつの矢印(赤い矢印)が表示されます。 形状の隅にある矢印は、オブジェクトを回転させるための矢印です(ここでも赤い矢印)。

これらの矢印のいずれかをクリックして隅にドラッグすると、マウスをドラッグした方向に図形が回転します。 上の写真では、青い矢印の方向に図形を回転させました。 Inkscapeの一番下にあるキャンバスの下のステータスバーに回転角が表示されます(上の画像の赤い矢印)。

マウスを離すと、形状が回転し、ハンドルが再表示されます(上の図の赤い矢印)。 いつでも回転ハンドルをクリックしてドラッグし、その位置から図形を回転させることができます。

この場合、ctrl + zを押して、回転する前に形状をリセットします。

方法2:ショートカットキーとツールコントロールバーを使用する

他に指摘したいのは、キーボードで使用できるショートカットキーを使用して、図形やオブジェクトを特定の増分(度単位)で回転したり、オブジェクトを中心の周りではなく、別の軸または回転中心から回転させたりできることです。形の。 これらのキーは「修飾キー」と呼ばれます。

たとえば、回転ハンドルをクリックして押したまま、キーボードのCtrlキーを押しながらマウスをドラッグすると、図形は15度ずつ回転します。 これは、Inkscapeウィンドウの下部近くにあるステータスバー(上の写真の青い矢印)で確認できます。これは、増分(この場合、形状を反時計回りに回転させたため、-15度)と修飾子を示します。私が使用しているキー(「 Ctrlキー 私はCtrlキーを使用しているので、角度をスナップします)。 キーボードのctrl + zを押してこのアクションを元に戻し、形状を元の位置にリセットします。

一方、「alt + [」(左に回転)または「alt +]」(右に回転)ショートカットキーを使用すると、オブジェクトを1度ずつ回転させることができます。 Altキーを押しながら「[」または「]」を押すと、オブジェクトをいずれかの方向にXNUMX度ずつ回転し続けることができます。 この方法を使用してもステータスバーに回転情報が表示されないことに注意してください。回転した角度を正確に知る必要がある場合は、ショートカットキーを押した回数を数える必要があります。どちらの方向でも。

Ctrl + Zキーを押して、図形の元の位置に戻します。

Shiftキーを押しながらオブジェクトを回転させると、クリックしたハンドルの反対側のコーナーからオブジェクトが回転します。 たとえば、Shiftキーを押しながら左下の回転ハンドル(上の画像の赤い矢印)をクリックしてドラッグすると、オブジェクトはオブジェクトの中心ではなく、オブジェクトの右上隅(青い矢印)を中心に回転します。

Shift + Ctrlキーを押したままにすると、オブジェクトは、クリックした回転ハンドルの反対側の角を中心に15度ずつ回転します。 つまり、これらXNUMXつの主要な修飾子を組み合わせて、両方の効果を同時に生成できます。 シェイプが元の回転していない位置になるまで、ctrl + zを押してバックアップします。

オブジェクトをすばやく90度回転したい場合は、XNUMXつの方法のいずれかを使用してこれを行うことができます。

最初の方法は、ツールコントロールバー(上の写真で青色で囲まれている)の[90°CCW回転]アイコン(反時計回りに回転)または[90°CW回転](時計回りに回転)をクリックすることです。

90番目の方法は、[オブジェクト]> [90°CW回転]に移動してオブジェクトを時計回りに回転させるか、[オブジェクト]> [XNUMX°CCW回転]に移動してオブジェクトを反時計回りに回転させます。 これにより、最初の方法と同じ結果が得られます。したがって、最終的に使用する方法は、個人の好みによって異なります(アイコンに簡単にアクセスできるため、その方法を使用することをお勧めします)。

方法3:変換ダイアログの使用

Inkscapeで図形、オブジェクト、テキストなどを回転させる最後の方法は、変形ダイアログを使用することです。 これにアクセスするには、キャンバスでオブジェクトを選択し、[オブジェクト]> [変換]に移動します。

これにより、Inkscapeキャンバスの右側に[変換]ダイアログが開きます(上の写真では緑色で囲まれています)。 ここには、選択したオブジェクトを変換するためのいくつかのタブが表示されます。 XNUMX番目のタブには「回転」(赤い矢印)というラベルが付いています。 このタブをクリックします。

このタブ内に、–および+記号が付いた「角度」というラベルの付いた数値フィールドが表示されます(上の画像では緑色で囲まれています)。 ここでは、このフィールドの右側にあるドロップダウンに表示される選択した測定単位を使用して、オブジェクトを回転させることができます。 デフォルトでは、単位は度(°)に設定されています。

このフィールドに正の値を入力すると、オブジェクトが時計回りに回転し、このフィールドに負の値を入力すると、オブジェクトが反時計回りに回転します。 たとえば、ここに「45」と入力し(赤い矢印)、[適用]ボタン(緑の矢印)をクリックすると、図形が時計回りに45度回転します。

オブジェクトは、このフィールドに入力した数値に基づいて、常に現在の位置から回転します。 したがって、現在、形状は45度回転しています。 「15」と入力してもう一度「適用」ボタンをクリックすると、形状が最後の位置から15度回転します。 つまり、既存の15度の回転に45度が追加され、形状が60度で回転するようになります。

もちろん、ここで「-30」と入力すると、形状は現在の位置から反時計回りに30度回転します。 したがって、シェイプは時計回りに30度回転します。 右端のアイコンを使用して、回転の方向を変更することもできます(上の写真の赤い矢印)。 左側のアイコンを選択すると、数値フィールドに入力した量だけ図形が反時計回りに回転します。 右のアイコンを選択すると、図形が時計回りに回転します。

このチュートリアルは以上です! あなたがそれを好きなら、あなたは私の他をチェックアウトすることができます Inkscapeのチュートリアル、または私をチェックしてください GIMPチュートリアル!

GIMPニュースレターを購読する

サインアップして、新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!