GIMP 2.10はあなたの多くが慣れているかもしれないよりわずかに異なった外観で来ます。 場合によっては、以前のバージョンよりもユーザーインターフェイスが暗くなり、アイコンの外観も異なることがあります(これにより、一般的に使用されているツールを見つけるのが難しくなります)。

幸いなことに、GIMPチームが特にGIMP 2.10への組み込みに焦点を当てていたもの - あなたのユーザインターフェースをカスタマイズするのはかなり簡単です。 このチュートリアルでは、GIMP 2.10でテーマの色とアイコンのスタイルを変更する方法を紹介します。

開始するには、編集>設定の順に進みます。 これにより、設定ダイアログボックスが表示されます。

このボックスの左側には、環境設定を編集できるさまざまな項目(システムリソース、カラーマネージメントなど)を含むメニューが表示されます。 「インターフェイス」というラベルの付いたメニュー項目を見つけ、その中のサブメニュー項目をドロップダウンするために「+」アイコンをクリックします(クリックすると「 - 」アイコンとして表示されます)。

「テーマ」、「アイコンテーマ」などの他のオプションが表示されます。「テーマ」をクリックして、GIMPテーマの色を変更するためのオプションを表示します(上の図の赤い矢印で表示)。

「ダーク」、「グレー」、「ライト」、「システム」のテーマから選択できます。 それぞれをクリックして、GIMPテーマがその特定のテーマでどのように見えるかをプレビューします。 上の写真では、これが以前のGIMP 2.8バージョンと最もよく似ているので、私は「システム」テーマを選択しました(これはあなたに慣れているものです)。

GIMPのアイコンの外観を変更するには、「アイコンテーマ」というラベルの付いたサブメニュー項目(上の図では赤い矢印で示されています)をクリックします。

ここでは、「カラー」、「レガシー」、「シンボリック」、および「シンボリック反転」を含む4つのオプションが表示されます。「レガシー」設定では、以前のバージョンと同じようにアイコンが表示されます。これにより、使い慣れたツールを簡単に見つけることができます。

アイコンの解像度を変更するためのドロップダウンボックス(上の画像では赤い矢印で示されています)もあります。 たとえば、「サイズからアイコンのサイズを推測する」オプションを設定して、アイコンのサイズをコンピュータ画面のサイズと解像度に基づいて設定できます。

次のオプションでは、選択したアイコンテーマに合わせて、アイコンをデフォルトのサイズにすることができます。

ただし、大きいアイコンまたは小さいアイコンを使用する場合は、[カスタムアイコンサイズ]を選択し、下のサイズスライダを使用してアイコンのサイズを調整できます(上の画像の赤い矢印で表示)。 ここには、「小」、「中」、「大」、「大」の4つの選択肢があります。セットアップには中を選択しました。

テーマの色とアイコンのテーマを設定したら、[OK]をクリックして変更を適用します。 GIMPはあなたの新しい設定で更新されます。

このチュートリアルはこれで終わりです。 私たちの上でより多くのビデオとテキストのチュートリアルをチェックしてください チュートリアルページ またはGIMPのビデオチュートリアルをご覧ください。 YouTubeチャンネル.

GIMPニュースレターを購読する

サインアップして、新しいチュートリアル、コースの更新、最新ニュースを受け取りましょう!

あなたが正常に登録しています!