統合検索機能とも呼ばれるGIMP検索アクション機能は、GIMPで開きたいものをすばやく簡単に見つける方法です。 この機能は、フィルター、エフェクト、画像、ツール、およびGIMPに存在するほとんどすべてのメニュー項目を見つけて開くときに機能します。

ダイアログを使用するもの(フィルター、新しい画像やレイヤーの作成など)の場合、この機能は、探しているアクションの名前を入力し、検索結果をダブルクリックして開くことができるため、非常に便利です。そのダイアログは、検索アクションダイアログから直接取得します。

この機能の動作を示して、デモンストレーションを行います。 以下のビデオチュートリアルを見るか、スキップしてこのチュートリアルのヘルプ記事バージョンに進むことができます。

手始めに、キーボードのスラッシュキー(「/」)を使用するか、[ヘルプ]> [コマンドの検索と実行]に移動して、アクションの検索機能にアクセスできます(上の画像を参照してください。スラッシュキーが表示されます)。メニュー項目の右端にあります)。

これにより、「検索アクション」というラベルの付いたダイアログが表示されます(上の画像の赤い矢印)。

コンポジションをまだ開いていない場合でも、この機能は機能することに注意してください。 ただし、表示される結果には、編集のこの段階で機能するアクションのみが表示されます(つまり、新しいドキュメントを作成するか、最初に新しい画像を開かずにフィルターを開くことはできません)。

たとえば、最近GIMPで作成したドキュメントを見つけるために、[ドキュメント履歴]パネルを開きたいとします。 これを行うには、「ドキュメント」(赤い矢印–検索アクション機能では大文字と小文字が区別されないことに注意)と入力し始めると、すぐに「ドキュメント履歴」(青い矢印)というラベルの付いた結果が表示されます。 この検索結果をダブルクリックします。

これにより、[ドキュメント履歴]パネル(上の画像の赤い矢印)が開き、GIMPで作成または開いた以前のドキュメントをスクロールできます。 たとえば、最近の画像のXNUMXつは、私が作成したカスタムの白黒ウィルバーロゴ(GIMPのマスコット–上の画像の青い矢印)でした。 [ドキュメント履歴]パネルでこのエントリをダブルクリックすると、ドキュメントがGIMPで開きます。

いくつかのレイヤーを含むDaviesMedia Designのヘルプ記事のXNUMXつのために、最近作成したデザイン構成もあります。 ダブルクリックしてこのコンポジションも開きます(上の画像の赤い矢印–これらのコンポジションの両方を使用して検索アクション機能を示します)。

したがって、この機能を使用してドキュメント履歴を開き、ドキュメントをGIMPで開くことができますが、それ以上のことができます。 たとえば、[レイヤー]パネルの一番上のレイヤー(上の画像の赤い矢印)をクリックしてから、[新しいレイヤーを作成]アイコン(緑の矢印)をクリックします。 これにより、「新しいレイヤー」ダイアログが開きます。 このレイヤーに「ビネット」(青い矢印)という名前を付けて、[OK]をクリックします。

これで、GIMPの組み込みビネットフィルターを使用して、このレイヤーにビネットをすばやく追加できます。 [フィルター]メニューで効果を検索するのではなく、[検索アクション]ダイアログを表示して(キーボードのスラッシュキーを押すか、[ヘルプ]> [検索してコマンドを実行]に移動)、「ビネット」(赤)と入力し始めることができます。矢印)。 別の注意–完全な単語を入力する必要はありません–通常、探している結果は数文字の後にポップアップしますが、もちろんそれはあなたが探しているものによって異なります。

「ビネット」検索結果(上の画像の青い矢印)をダブルクリックすると、GIMPは自動的にビネットフィルターダイアログを開きます。

ビネットは、アクティブなレイヤー(この場合は前に作成した「Vignettte」レイヤー)に追加されます(上の画像の青い矢印)。 必要なビネットを調整して、[OK](赤い矢印)をクリックします。 これで、構図にビネットができました。

これまで、この検索アクション機能を使用して、コンポジションを開いたり、フィルターを追加したりできることを示してきました。 ツールボックスから任意のツールにアクセスすることもできます(もちろん、ツールボックスとそのすべてのツールは画像ウィンドウの左側から簡単にアクセスできます)。または、GIMPの任意のメニューから任意のアクションにアクセスできます。

たとえば、コンポジション全体を拡大縮小する場合は、[アクションの検索]ダイアログ(キーボードのスラッシュキーを押す)を開いて、「拡大縮小」と入力します。 ここにいくつかのオプションがあります。最初のオプションはGIMPツールボックスのスケールツール(赤い矢印-これは個々のレイヤー、選択範囲、またはパスのスケーリングに適しています)、および画像のスケール、レイヤーのスケール、また、説明に「スケール」という単語が含まれているいくつかのGEGLフィルター。 「画像の拡大縮小」オプション(青い矢印)をダブルクリックします。これが私たちが探しているものです。

これにより、コンポジション全体を拡大縮小するための「画像の拡大縮小」ダイアログが表示されます。 幅(赤い矢印)に「800」と入力して画像を縮小し、Tabキーを押して高さを自動的に更新します(アスペクト比は小さなチェーンリンクアイコン–青い矢印を使用してロックされます)。 「拡大縮小」をクリックして、構成を拡大縮小します(緑色の矢印)。

したがって、この機能がどのように機能するかについての要点は理解できたと思いますが、最後の例をXNUMXつ示したいと思います。 最後にもう一度[アクションの検索]ダイアログを表示します(キーボードのスラッシュキーを押します)。

ここで、GIMPで開いているコンポジションから画像またはレイヤーを見つけたいとしましょう。 チュートリアルの前半でWilberロゴを開いたことを思い出してください。 したがって、仮にその画像にアクセスしたいとしますが、たくさんのタブが開いていて、それを見つけることができません。 探しているファイルの名前を入力するか、ファイルの名前または説明に単語が含まれているだけです。 この場合、「Wilb」と入力し始めることができます(最初に画像を作成したときに「Wilbur」という名前を付けました。これはタイプミスです。Wilberのスペルは「e」です)。

実際にはXNUMXつの結果が表示されます。XNUMXつ目は私のコンピューター上のWilberロゴファイルです(上の画像の赤い矢印-検索結果の説明で私のコンピューター上のファイルのアドレスを確認できます)。GIMP私が最近開いたので、ドキュメント履歴から取得できることを知っています。XNUMXつ目は、現在GIMP内で開かれているWilberファイルです(青い矢印)。 XNUMX番目のオプションをダブルクリックすると、ウィルバーのロゴ画像を含むタブが表示されます(以下を参照)。

したがって、次回、特定のフィルターがGIMPメニューのどこにあるか思い出せない場合、または大量の画像を開いていて、そのうちの2.10つにジャンプする必要がある場合は、すべてのGIMPXNUMXバージョンにある便利な検索アクション機能を使用してください。

このチュートリアルは以上です。 あなたがそれを好きなら、あなたは私の他のどれでもチェックアウトすることができます GIMPのヘルプ記事, GIMPビデオチュートリアルまたは GIMPプレミアムクラス.

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有