このチュートリアルでは、GIMPを使用してパスを変換する方法を紹介します。 これは非常に簡単に実行できるタスクであり、GIMPで作業するときに写真編集とグラフィックデザインのスキルセットを拡張するのに役立ちます。 パスを描画した後で、パスの形状、位置、方向、サイズなどを変更する必要がある場合に便利です。

1.道を描く

もちろん、最初に行う必要があるのは、パスを描くことです。 これは、GIMPのパスツールを使用して行うことができます。このツールには、GIMPツールボックス(上の写真の赤い矢印)または「b」ショートカットキーを使用してアクセスできます。 (「b」はベジェ曲線を表します。)

画像をクリックしてパスの描画を開始します。 クリックするとノードが追加され(上の画像の緑色の矢印)、各ノード間に線分が表示されます。 パスツールの使い方に慣れていない場合は、 パスツールチュートリアルをマスターする この非常に便利なツールの詳細をご覧ください。

私の例では、砂時計の周りにパスを描いています。 この砂時計の写真のサイズは1280x 853ピクセルです(上の写真で緑色で囲まれた画像の寸法を確認できます)。 ただし、1920 x 1280ピクセルのこの写真の拡大版もあります(上の写真の赤い矢印で示されています。これは、GIMPで開いたXNUMX番目の写真構成のタブです)。

GIMPの基本的なヒント: [ファイル]> [開く]に移動して、画像をGIMPで開きます。

仮に、砂時計のオブジェクトの周りにパスを描き終えたが、写真のより大きなバージョンを使用したいということに気付いたとしましょう。 オブジェクトの周囲にパス全体を再描画する必要はないので、小さい画像から大きい画像にパスをコピーしてから、パスを拡大することができます。 また、移動ツールを使用してパスの位置を変更し、砂時計オブジェクトの輪郭が正しく表示されるようにする必要があります。

パスを拡大縮小、移動、反転、または回転させたい例は他にもたくさんあります。これはほんの一例です。

したがって、パスが描画されたら、現在のコンポジションから新しいコンポジションにパスをコピーする必要があります。 これを行うには、[パス]タブ([レイヤー]タブの右側-上の画像の赤い矢印)に移動し、[名前のない]パス(緑の矢印)をクリックします。

レイヤーと同じように、現在の名前をダブルクリックして新しい名前を入力することで、パスの名前を変更できます。 パスの名前を「砂時計」に変更しました(上の画像の赤い矢印)。 エンターキーを押して名前を適用します。

次に、パスを右クリックして、「パスのコピー」(上の画像の赤い矢印)に移動します。

大きい画像(上の画像の赤い矢印)に移動し、[パスの貼り付け](緑の矢印)に移動します。 これにより、パスが[パス]タブに貼り付けられます。

「表示/非表示」アイコンをクリックして、新しいコンポジションのパスを表示します(上の画像の赤い矢印)。

新しい画像の方が大きいため、以前の構成で描いたパスは小さすぎて間違った場所にあります(上の画像の緑色の矢印)。 適切な場所に配置するには、変換ツールを組み合わせて使用​​する必要があります。

2.変換ツールのモードを変更します

パスが新しい構成になっているので、移動ツールとスケールツールの両方を使用してパスを調整し、砂時計の輪郭が再び描かれるようにします。

移動ツールから始めます。移動ツールは、ツールボックス(上の写真の赤い矢印)でクリックするか、キーボードの「m」ショートカットキーを使用してアクティブにできます。

移動ツールを選択したら、ツールオプションの下でモードの「パス」を選択します(緑色の矢印)。これはここにリストされているXNUMX番目のオプションです(通常、デフォルトでは「レイヤー」に設定されています)。 このモードは、移動ツールがレイヤーではなくパスを移動することを意味します。

移動ツールがパスに設定されたら、移動ツールでパスをクリックして、コンポジションの任意の場所にドラッグできます。 大きい砂時計と同じ領域になるようにパスをドラッグします。

次に、キーボードの「shift + s」ショートカットキーを使用するか、ツールボックスからスケールツールを選択します(上の画像の赤い矢印)。 移動ツールやその他の変換ツールと同様に、ツールオプション(緑色の矢印)でモードを「レイヤー」から「パス」に変更することもできます。

この変換モードを選択したら、スケールツールでパスをクリックします。 これにより、パスの周りに変換ハンドルが表示されます。

変換ハンドルのXNUMXつ(できればコーナーハンドルのXNUMXつ-上の画像の青い矢印)をクリックしてドラッグし、マウスを外側にドラッグします。

パスの中央にあるXNUMXつのボックスを使用して、任意の方向に少し移動することもできます(上の画像の赤い矢印)。

配置したら、「スケール」ボタン(青い矢印)を押します。

3.最終的なパスの調整を行い、変換モードをデフォルトに戻します

パスを拡大して(Ctrlキーを押しながらマウスホイールを使用)、オブジェクトに正しく位置合わせされていることを確認することをお勧めします。 私の場合、移動ツール(キーボードの「m」ショートカットキー)をもう一度使用して、パスが整列するまでパスの位置を少し修正しました(上の画像の赤い矢印)。

完了したら、変換ツールのモードを「レイヤー」(青い矢印)に戻すことをお勧めします。これにより、将来レイヤーを変換しようとしたときに混乱しないようにします(モードがパスに設定されている場合は、たとえば、レイヤーを拡大縮小しようとするとツールが機能しません。ステータスバーにエラーメッセージが表示されます。レイヤーの変換はパスの変換よりも一般的であるため、変換ツールのモードをレイヤーに戻します。私はそれらで終わりました)。

このチュートリアルは以上です! あなたがそれを好きなら、あなたは私の他をチェックアウトすることができます GIMPチュートリアル、またはになることができます プレミアムメンバー すべてのGIMPコース、クラス、プレミアムチュートリアルにアクセスできます。

GIMPニュースレターを購読する

サインアップして、新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!