フリーソフトウェアを使用して写真からカラーグレーディングを盗むための迅速、簡単、かつ効果的な方法をお探しですか? このチュートリアルでは、無料またはプレミアムのソフトウェアを使用して、無料の写真編集ソフトウェアDarktableを使用して、写真のカラーグレーディングを盗む最も効果的な方法の概要を説明します。 この方法は、JPEG写真またはRAW写真で機能します(Darktableは主にRAW処理ソフトウェアですが、JPEGを含むさまざまなファイルタイプを処理できます)。

以下のこのチュートリアルのビデオバージョンを見るか、ヘルプ記事バージョンのビューをスクロールして通過できます(このページの左上隅にある言語アイコンを使用して30以上の言語で利用できます)。

ステップ1:画像をDarktableにインポートする

まず、使用したい画像をDarktableに取り込む必要があります。

これを行うには、Lighttableタブがまだ表示されていない場合は移動します(通常、Darktableを最初に開いたときにデフォルトでこのタブに移動します。上の画像で緑色で示されている「lighttable」テキストをクリックします)。 [ライトテーブル]タブが表示されたら、[インポート]ドロップダウン矢印(上の画像の赤い矢印)をクリックします。 「画像」(青い矢印)をクリックして、コンピューターから画像を選択します。

画像が保存されているコンピューター上のフォルダーに移動します(私の場合、画像はダウンロードフォルダーにあります)。 選択する画像をクリックし、Shiftキーを押しながら、同じフォルダから複数の画像を選択する場合は、選択する他の画像をクリックします(上の写真の赤い矢印は、このチュートリアルで開いたXNUMXつの画像を示しています) )。 画像を選択したら、ダイアログの下部にある[開く]ボタン(青い矢印)をクリックします。

この例で使用している写真はすべてJPEGですが、使用することもできます。 Darktableでサポートされているファイルタイプのいずれか.

通常、画像は[暗室]タブ(上の画像では緑色で囲まれています)で開きます。複数の画像を開くと、下部にある「フィルムストリップ」領域(赤い矢印)にサムネイルとして表示されます。 サムネイルのいずれかをダブルクリックして、その画像を[暗室]タブで開くことができます。これは、基本的に、現在作業中の画像であることを意味します。

ステップ2:カラーマッピングモジュールをアクティブにする

このエフェクトに使用する画像がDarktableに開かれたので、カラーグレーディングを盗む画像で「カラーマッピング」モジュールをアクティブにします。

これを行うには、[効果]タブに移動します(上の画像の赤い矢印-Darktable 3.4以降を使用していると仮定します。以前のバージョンのDarktableでは、この機能は[色]タブにありました)。

このタブが表示されたら、「カラーマッピング」モジュールを見つけるために、下にスクロールする必要があります(右端のスクロールバー-上の画像の赤い矢印を使用)。 見つけたら、このモジュールをクリックしてアクティブにします(緑色の矢印)。

このモジュールをクリックしてアクティブにすると、上の画像に示すように展開されます。 「電源」アイコンが強調表示され、アクティブになっていることを示します。 何らかの理由でこのアイコンが強調表示されていない場合は、アイコンをクリックしてアクティブにします(赤い矢印)。

このモジュールには、「ソースクラスター」と「ターゲットクラスター」のXNUMXつの主要な領域があり、これらの各領域には一連のグリッドがあります(上の画像では緑色で囲まれています)。 これらの領域は、「ソース」画像の色と「ターゲット」画像の色が表示される場所になります。 ソース画像は、カラーグレーディングを盗んだ画像(上の写真のメイン画像)であり、ターゲット画像は、元のソース画像から盗んだカラーグレーディングを追加する最終画像です(どちらか上の画像の青い矢印で示されている画像–これらはターゲット画像です)。

「ソースとして取得」ボタンはソース画像から色を「盗み」、「ターゲットとして取得」ボタンはスワップアウトするターゲット画像から色を決定します。

「ソースクラスター」グリッドと「ターゲットクラスター」グリッドの下には、XNUMXつのスライダーがあります。 「クラスターの数」スライダー(青い矢印)を使用すると、ソース画像とターゲット画像の色をマッピングするために使用しているカラークラスターの数を増減できます。 この設定について知っておく必要があるのは、通常、この数値が大きいほど、各画像から取得する色が多くなるため、色のセットが多様化することです。 その結果、「カラーグレーディング」効果は最終的にはより微妙になります。 一方、この数値が小さいほど、効果を生み出すために使用される色が少なくなるため、効果が強くなります。

繰り返しますが、クラスターの数が多いほど、より微妙な効果が生まれ、クラスターの数が少ないほど、より強い効果が生まれます。

カラードミナンススライダー(緑色の矢印)は、ターゲット画像の色をソース画像の色と交換する方法を決定します。 このスライダーが100%に設定されている場合、これは、ターゲット画像のドミナントカラーがソース画像のドミナントカラーと交換されることを意味します。 たとえば、ソースイメージで赤がドミナントカラーであり、ターゲットイメージでグリーンがドミナントカラーである場合、ドミナントグリーンカラーはドミナントレッドカラーと交換されます。 このスライダーが0%に設定されている場合、 同様の ソース画像とターゲット画像の間の色が入れ替わります。

最後に、最後のスライダーである「ヒストグラム均等化」スライダー(赤い列)を使用すると、XNUMXつの画像のヒストグラムをより類似させることができます。 技術的に言えば、これはXNUMXつの画像の色調のコントラストがより類似することを意味します。 これについては後で詳しく説明します。

ステップ3:カラーグレード効果を盗むために色を取得して適用する

カラーマッピングモジュールがアクティブになり、モジュールの各領域が何のためにあるかがわかったので、ソースからカラーグレーディングを盗んで、ターゲット画像に追加できます。

まず、「クラスターの数」と「色の優位性」スライダーの値を設定する必要があります。 クラスターの数には「3」の値を使用することをお勧めします。 このスライダーについて上記で提供した情報に基づいて、カラードミナンススライダーを任意の値に設定できます。

希望の設定ができたら、「ソースとして取得」ボタン(上の画像の赤い矢印)をクリックします。 これで、「ソースクラスター」グリッド(緑色の矢印)が色で塗りつぶされていることがわかります。 これらは、カラーグレーディングに使用する色です。

ソースカラーができたので、その画像のフィルムストリップサムネイル(上の画像の赤い矢印)を使用して、ターゲット画像をダブルクリックします。 これにより、その画像が[暗室]タブに開きます。 カラーマッピングモジュールに戻ります。 モジュールが再び空白になる可能性があります(つまり、ソースクラスターの色が表示されません)。 「リセット」ボタン/アイコン(緑色の矢印)をクリックするだけで、ソース画像から選択したソースカラーが再入力されます。

「ソースクラスター」の色が再入力されたら、「ターゲットとして取得」ボタンをクリックします。 これにより、「ターゲットクラスター」グリッドにターゲット画像の色が入力されます。 これらは、ソースカラーと交換されるカラーです。 ターゲット画像を見ると、元のソース画像とより類似したカラーグレーディングが含まれていることがわかります。

「ヒストグラム均等化」スライダー(赤い矢印)を使用して、ターゲット画像のヒストグラムを調整し、ソース画像に近づけることができるようになりました。

上の画像でわかるように、ターゲット画像の色の新しいカラーグレーディングは見栄えがよくありません。肌の色は非常に赤く見えます。

これは、ソースイメージに戻り、[クラスターの数]および[カラードミナンス]スライダーを新しい値に調整し、[ソースとして取得]ボタンをクリックしてから、ターゲットイメージに戻ることでいつでも修正できます。 ターゲット画像が表示されたら、もう一度[リセット]ボタンをクリックしてから、[ターゲットとして取得]をクリックします。 これにより、色が再び入れ替わりますが、設定がわずかに異なるため、結果が異なります。 簡単に言うと、この記事全体で説明されている手順を繰り返し、希望する最終的なカラーグレードが得られるまで設定を微調整します。

上記は、異なる結果のために設定を微調整する例です。 この例では、より微妙な効果を得るために4つのクラスターを使用しました。 また、ヒストグラム均等化スライダーを60%強に調整しました。

このチュートリアルは以上です。 あなたは私の他をチェックすることができます Darktableチュートリアル 私のサイトで、または私のいずれかを見てください GIMP or Inkscapeチュートリアル.

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有