最後のGIMPヘルプの記事で、レイヤの概念について説明しました。 GIMPレイヤーパネルの紹介 新しいレイヤーを作成する方法を紹介します。 この記事では、画像を使用して新しいレイヤーを作成する方法や、レイヤーの「重ね順」を変更する方法など、複数のレイヤーを使用する方法を説明することで、レイヤーパネルについて少し詳しく説明します。

レイヤスタッキングオーダ構成の設定

あなたはそれを思い出してもしなくてもよいです。 GIMPの記事で新しいレイヤーを作成する方法このGIMPレイヤーシリーズのパート1である、私は自分のコンポジションに合計2つのレイヤーを作成しました。「レイヤー1」は全体のコンポジションと同じサイズの透明なレイヤーで、「バックグラウンド」レイヤーはこれは白を含み、GIMPで新しいコンポジションを作成した結果として作成された最初のレイヤーでした([ファイル]> [新規]に移動し、背景色が白の1920 x 1080ピクセルレイヤーを設定することにより)。 このチュートリアルの同じセットアップから始めます(上の写真に示されているように、レイヤーは緑色で囲まれています)。

レイヤーの重ね順

レイヤースタック内の上下のレイヤー

コンポジションに1つのレイヤーがあるので、レイヤーパネルで利用できるようになったいくつかの新しいオプションがあることに気付くかもしれません。 たとえば、このパネルの下部に使用できるオレンジ色の矢印があります([レイヤーグループ]アイコンと[レイヤーの複製]アイコンの間-上の画像では緑色で囲まれています)。 最上層であるレイヤーXNUMXをクリックすると、下向き矢印がアクティブになっていることがわかります。 これは、この機能を使用すると、レイヤーを下げることができるためです。 重ね順.

世界 重ね順 レイヤーパネルでレイヤーが積み重ねられる順序です。 スタック順序が高いレイヤーは、スタック順序が低いレイヤーよりも優先されます。 つまり、最上層に不透明度が100%で、色、デザイン、画像などが含まれ、構図全体のサイズ(この場合は1920×1080)の画像があると、邪魔になります。その下にあるすべてのレイヤーをスタック順に表示します。

最上層の透明度が(現在のコンポジションの1層と同じように)最上位層のオブジェクトが下位層のオブジェクトを部分的に遮ることがあり、そのオブジェクトがその下の他のオブジェクトと同じピクセル位置の一部しか占めない。

レイヤーの重ね順を変更する

レイヤースタックの下位レイヤー

それで、これらすべてが言われている、今のところ層1は積み重ね順序で最も高い層です。 これが、「このレイヤをスタック内で1ステップ上げる」オプションが現在グレー表示されている理由である - それはスタック順でそれ以上高くすることはできない。 その一方で、現在のところ、レイヤー1の下に1つのレイヤー、つまり背景レイヤーがあるため、「このレイヤーをスタック内で1ステップ下げる」(上の写真では赤い矢印で表示)オプションを使用できます。

レイヤスタック内のレイヤを上げるGIMP 2019

レイヤー1がアクティブなレイヤー(現在クリックしているレイヤー)で[下へ]アイコンをクリックすると、そのレイヤーはレイヤースタックの1ステップで下がります。 これは、レイヤー1が積み重ね順で背景レイヤーの下に配置されることを意味します(上の写真でわかるように、赤い矢印で表示)。 そのため、Backgroundレイヤーがレイヤースタックの最初のレイヤーまたは最上位レイヤーになりました。

また、私のLayer 1レイヤがスタック順でBackgroundレイヤの下にあるので、「下」の矢印はグレーアウトされていますが、「上」の矢印はアクティブになっています(上の写真の緑色の矢印)。 。 これは、私のLayer 1レイヤが今度はスタック順の一番下にあるので、それより低くなることはできないからです。 レイヤースタック内の位置を上げることしかできません。

注意: また、レイヤをクリックして、そのレイヤを配置したいスタック順の新しい場所にそのレイヤをドラッグすることで、レイヤのスタック順を並べ替えることもできます。 これは、「上げる」ボタンと「下げる」ボタンを使わなくても、レイヤーをすばやく簡単に並べ替えることができる方法です。

なぜピクセルが下層に表示されないのか

絵筆と前景色の選択GIMP 2 10 12

レイヤスタックをそのままにして、レイヤ1レイヤにペイントしようとしたときに何が起きるのかを説明します。 これは、クリックしたときの現在のアクティブレイヤーです(背景レイヤーをクリックしたのとは対照的です。背景レイヤーは、クリックしていないので、現在は非アクティブレイヤーです)。 そのため、私のツールボックスからペイントブラシツールをつかみ(赤の矢印)、前景色を青(緑の矢印)に変更し、レイヤー1に何かをペイントしようとしても、キャンバスには何も表示されません。

レイヤープレビューレイヤースタックGIMPチュートリアル2019

ただし、レイヤーパネルのレイヤー1サムネイル(赤い矢印)を見ると、サムネイルプレビューに、レイヤー全体に青い波線を描いたことが示されていることがわかります(サムネイルがそうであるため、わかりにくいです。写真では小さいですが、フォローしている場合はGIMPに表示されます)。 では、なぜそれが私のキャンバスに表示されないのですか?

もちろん、その理由は、白で塗りつぶされていてレイヤースタックの一番上のレイヤーであるBackgroundレイヤーが、その下のレイヤーに表示されているピクセルを完全に遮っているためです。 それで、レイヤー1は背景レイヤーの下にあるので、私がその上に描いたしわの寄った線は背景レイヤーの上に描かれた白いピクセルによって完全に遮られています。

レイヤスタッキング順の最上位レイヤGIMP 2 10

これを修正するには、レイヤーの重ね順を変更します。 レイヤー1はまだアクティブなレイヤーですが、「上へ」の矢印をクリックしてレイヤー1を1段上に上げることができます(またはレイヤー1をクリックして背景レイヤーの上にドラッグすることもできます)。 これが済むと、絵筆でこのレイヤーに青のしわが寄った線を描くことができます。

レイヤースタック順序またはレイヤースタックに関するこの講義は以上です。 このGIMPレイヤーシリーズの次は、お見せします 画像から新しいレイヤーを作成する方法。 または、あなたは私の他のどれでもチェックアウトすることができます GIMPのヘルプ記事 または私 GIMPビデオチュートリアル。 加えて、あなたは私のいずれかに登録することができます プレミアムGIMPクラス.

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有