レイヤーは本質的にGIMPのバックボーンであり、すべての編集またはデザインはある種のレイヤーで行われます。 画像レイヤー、テキストレイヤー、および背景色または透明度のみを含むレイヤーがあります(つまり、何も含まれていないため、完全にシースルーまたは透明です)。 複数記事シリーズの最初の部分であるこのGIMPレイヤーのハウツー記事では、「新しいレイヤーの作成」ダイアログボックスを使用して新しいレイヤーを作成する方法を示し、すべての機能を説明します。このボックスにあります。

以下のビデオチュートリアルバージョンを確認することもできます。ビデオをスキップして記事に進んでもかまいません。

背景レイヤーを使った新しいコンポジションの作成

GIMPで新しいレイヤを作成するためにFile Newから始めてください

手始めに、レイヤーで何でもできるようにするには、画像を開くか、新しいコンポジションを作成する必要があります。 この例では、[ファイル]> [新規]に移動して、新しいコンポジションを開くだけです。 これにより、新しいイメージを作成するオプションが表示されます。

新規ドキュメントウィンドウGIMP新規レイヤーチュートリアル

[画像サイズ](上の写真の赤い矢印で示されている)で、幅を1920ピクセルに設定し、高さを1080ピクセルに設定します(これらはHDのサイズです)。 [詳細オプション]ドロップダウン(青い矢印で示されている)をクリックすると、さらに多くのオプションが表示されます。

このチュートリアルを簡単にするために、すべての設定を同じに保ちます。 ただし、特にXNUMXつの設定、下に向かって「FillWith」設定(上の画像の緑色の矢印で示されている)を指摘します。 この設定により、コンポジションの最初のレイヤーとなる背景レイヤーのタイプを決定できます。これは、新しい画像の作成時に作成します。 背景レイヤーは、この手順で設定したコンポジションサイズと常に同じサイズになります。

「FillWith」設定のドロップダウンボックスをクリックすると、いくつかのオプションが表示されます。 背景レイヤーの色を、アクティブにしている現在の前景色または背景色(ツールボックスの前景色と背景のプレビューで確認できます)と同じにするか、純粋な白の透明度(背景色なし)を選択できます。 –空白のレイヤーのみ)、またはパターン(使用されるパターンは、パターンダイアログで現在アクティブになっているパターンになります)。 「塗りつぶし」オプションとして「白」を選択し、「OK」をクリックします。

レイヤーパネルと背景レイヤー

1920×1080の寸法を持つ新しいコンポジションと、背景色を白で塗りつぶしたものになります。 このレイヤー(上の写真では赤い矢印で示されています)は、レイヤーパネルに表示されます。ここは、レイヤーが表示され、設定が編集されるメインエリアです(上の写真では緑色で囲まれ、ラベルが付いています)。

GIMP 2.10 MasterclassのUdemyのベストセラーby Davies Media Design

レイヤーパネルから新しいレイヤーを作成する

GIMPレイヤーパネルレイヤーアイコン

GIMPで新しいコンポジションを開くと、レイヤーパネルの下部で5つのオプションのうち8つが使用可能(またはアクティブ化)になります(これらはすべて以前はグレー表示されていたため、最初にGIMPを開いたときには使用できませんでした)。 これらのオプションには、写真で左から右に番号が付けられており、1。「新しいレイヤーの作成」、2。「新しいレイヤーグループの作成」、3。「重複レイヤーの作成」、4。「マスクの追加」が含まれます。および5.「このレイヤーを削除する」。 (いくつかのアイコンをスキップしたことに気付いたかもしれませんが、まだグレー表示されています。シリーズの後半でこれらのアイコンについて説明します。)

新しいレイヤーアイコンを作成する

「CreateaNew Layer」アイコン(赤い矢印で示されている)をクリックすると、このチュートリアルの開始時に最初に作成された背景の上に、コンポジションに新しいレイヤーを追加できます。 これが発生する理由を理解するには、最も単純な定義でレイヤーが何であるかを理解する必要があります。

  OHPフィルムを上下に重ねて。 つまり、コンポジションに複数のレイヤーを重ねて追加し、それらのレイヤーに異なる色、画像、グラフィック、テキスト、効果などを表示させることができます。レイヤー上のアイテムは、ピクセルが占めると互いに重なります。画像上の同じスペース–およびより高いレイヤー 重ね順 積み重ね順で低い層の上に表示されます。

テーブルの上に積み重ねられた紙のような層を考えてみてください。 各紙に絵が描かれていて、それぞれの紙にある種の穴が切り取られたランダムな領域(透明度を表す)がある場合、一番上の紙に絵全体を見ることができます。そして、切り抜かれた穴があり、図面がそれらの穴と交差するところはどこでも、下の紙の上の図面を見ることができるだけです。 つまり、最上部の紙の下にある図面を表示しようとしている場合、表示を妨げる​​ものは何もありません。 一番上の紙は積み重ね順序で最も高く、一番下の紙は積み重ね順序で最も低くなります。

「CreateaNew Layer」アイコンをクリックすると、「Create a NewLayer」ダイアログボックスが表示されます(上の写真の左側に表示)。 このボックスでは、新しいレイヤーを作成する前に、その設定をカスタマイズできます。 GIMP 2.10以降では、新しいレイヤーを作成するためのオプションがかなりあります。

あなたのレイヤーに名前を付ける

レイヤーの名前を変更するGIMP 2 10レイヤーチュートリアル

手始めに、レイヤーの名前を基本的に何にでも変更できます(上記の緑色で概説した新しいレイヤーに「レイヤー1」という名前を付けました)。

レイヤ名の例GIMPレイヤチュートリアル

この名前は、新しいレイヤーの作成が完了すると、レイヤーパネルのレイヤーアイコンの横に表示されます(上の写真の例では赤い矢印で表示されています)。

カラータグを追加する

次に、カラータグをレイヤーに追加します。 カラータグを使用すると、レイヤーに色を付けることでレイヤーを整理できます。

GIMPのカラータグ付きレイヤーグループ

これは、複数のパーツを含むレイヤーに同様の全体にラベルを付ける場合に便利です(つまり、複数のシェイプを含むロゴをデザインし、各シェイプを独自のレイヤーに描画し、すべてのシェイプにラベルを付ける場合に便利です。同じ色のタグで、すべてがロゴの同じ要素に属していることがわかります)。 上の写真の例では、複数のレイヤーとレイヤーグループを持つかなり複雑な構成になっています(別の記事で取り上げる概念)。 各レイヤーグループには独自のカラータグがあり、レイヤーグループを展開すると、そのグループ内の個々のレイヤーがそのカラータグを共有していることがわかります。

カラータグを選択するための9つのオプションがあります(上の画像で緑色で囲まれています)。 最初のオプションは、カラータグなしで新しいレイヤーを作成することです(アイコンはXが入ったボックスです)。 次の8つのオプションは、レイヤーのカラータグを設定できるさまざまな色です。 色付きのボックスのいずれかをクリックするだけで、その色をレイヤーのカラータグとして選択できます。 この例では、緑色(右からXNUMX番目のオプション)を使用しました。

レイヤーモードを設定する

GIMPで新しいレイヤを作成するときのレイヤモードオプション

[カラータグ]オプションの下の行には「モード」というラベルが付いており、多くのオプション(赤い矢印で示されている)を含むドロップダウンが含まれています。 この設定により、レイヤーのブレンドモード(一般にレイヤーモードと呼ばれます)を設定できます。 ブレンディングモードでは、38つのレイヤーが相互作用できます。通常は、ブレンディングモードを含む最上層が最下層と相互作用します。 これらの相互作用によってエフェクトが作成され、作成されるエフェクトのタイプは、設定したブレンドモードによって異なります。 GIMPにはXNUMXの異なるブレンドモードがあり(Photoshop以上)、各ブレンドモードは、最上層と最下層のピクセル値をプラグインして新しいブレンドピクセル値を作成する異なる方程式を使用します。

モードを「通常」に設定すると、レイヤーは通常のレイヤーとして機能し、下のレイヤーと相互作用したり、ブレンドしたりしなくなります。 他のオプションのいずれかを選択した場合、設定したモードとその下のレイヤーにあるピクセルに応じて、ピクセルの表示が異なります。 説明するビデオチュートリアルがあります GIMPにあるすべての38レイヤモードこれは、レイヤモードについてもっと知りたい場合にチェックすることをお勧めします。

ブレンドスペース

この記事の時点では、このオプションは常に「自動」に設定されており、新しいレイヤーを作成すると常に非アクティブになります。 結果として、このトピックについて議論することは重要ではありません。

合成空間を設定する

「コンポジット」画像は、最も単純な定義では、画像のすべてのカラーチャネル(赤、緑、青)と、画像の透明度(「アルファ」チャネルと呼ばれます)を組み合わせたものです。チャンネル)を使用して、画面に表示されるフルカラー画像またはコンポジションを形成します。 GIMPは、現在CMYK色空間をサポートしていないため、常にRGB色空間を使用して合成画像を表示します(CMYKは、プリンターで一般的に使用される色であるCyan、Magenta、Yellow、およびBlackの略です)。

コンポジットスペースGIMP新規作成ダイアログ

その結果、[複合スペース]ドロップダウンをクリックすると、2つの異なるオプションが表示されます。各オプションには、RGB色空間のバリエーションが含まれています。 XNUMXつのオプションは、「RGB(線形)」と「RGB(知覚)」です。 技術的に言えば、これらのオプションは「チャンネルエンコーディング。」 チャネルエンコーディングは複雑なトピックであるため、チャネルエンコーディングに関して知っておく必要があるのは、「RGB(線形)」は「光波が現実世界で結合する」ように画像に光を表示するのに対し、「RGB(知覚)」は」は、目が光を認識する方法で画像に光を表示します。 「RGB(知覚)」を選択すると、ほとんどの場合、より良い結果が得られるため、新しいレイヤーを作成するときは、このオプションを使用することを強くお勧めします。

コンポジットモードの設定

コンポジットモードGIMP [新規レイヤの作成]ダイアログボックス

コンポジットモードオプションを理解するには、レイヤーを「モード」に設定すると、最上層のピクセルが最下層のピクセルと相互作用して、ある種のブレンド効果が作成されることを覚えておく必要があります。 コンポジットモードは、透明な背景に設定したときにこれらのブレンドレイヤーのどの要素が保持されるかを決定することにより、この概念をさらに一歩進めます。

ドロップダウンリストの最初のオプションは「自動」オプションです。 このオプションは、「モード」セクションで選択したレイヤーモードのデフォルト設定を使用します(各レイヤーモードによって異なりますが、ほとんどの場合、次に説明するユニオンオプションを使用します)。

ユニオンコンポジットモードGIMP 2 10

次に、「ユニオン」オプションがあります。 このオプションは、コンポジットモードに「自動」オプションが設定されている場合によく使用されます。これは、ブレンドされたピクセルを最上層と最下層の両方から保持するためです。 XNUMXつのブレンドされたレイヤーを指す場合、最上層は単に「」と呼ばれることに注意してください。」であり、最下層は「背景に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

上の写真では、最上層(オブジェクト2)が緑色の円形で、柔らかい絵筆でペイントしたことがわかります。 最下層(オブジェクト1)、別名背景層は青い円形で、これも柔らかい絵筆で描かれています。 Object 2 Layerをレイヤーモード「Overlay」、Composite Modeを「Union」に設定し、背景レイヤーのレイヤーモードを「Normal」、CompositeModeを「Auto」に設定しました。 ご覧のとおり、両方のオブジェクトが最終的なブレンド結果に保持され、XNUMXつの形状が重なる水色の領域が作成されました。

背景へのクリップコンポジットモードGIMP 2 10

2番目のコンポジットモードオプションは「CliptoBackdrop」と呼ばれます。 このモードでは、背景レイヤー(最下層)のすべてのピクセルと、背景レイヤーと交差する最上層のピクセルのみが保持されます。 最上層に配置されていた他のすべてのピクセルは「クリップ」されます。つまり、削除されます。 上の写真でわかるように、オブジェクト1レイヤーの合成モードを「背景にクリップ」に変更した後、オブジェクト2レイヤーの青いオブジェクトと、オブジェクト1が交差する明るい青色の領域のみが保持されました。オブジェクト2を使用します。オブジェクトXNUMX自体(緑色のオブジェクト)は、コンポジションから完全に切り取られています。

右クリックレイヤーメニューコンポジットモード

注意: レイヤーを右クリックして[合成モード](上の図の赤い矢印)に移動すると、レイヤーの合成モードを変更できます。 このメニュー内に入ると、[Create a New Layer]ダイアログボックスで使用可能だった任意の[Composite Mode]オプションを選択できます。

クリップツーレイヤーコンポジットモードGIMP 2 10

2番目のコンポジットモードオプションは「CliptoLayer」と呼ばれます。 このモードは、最上位レイヤーのピクセルと、最上位レイヤーのピクセルと交差する背景レイヤーのピクセルのみを保持するため、前のモードとは逆のタスクを実行します。 最上層と交差しない背景層にあるピクセルはすべてクリップ(削除)されます。 上の写真の例(オブジェクト2レイヤーをコンポジットモードクリップからレイヤーに設定)では、オーバーレイによって作成された明るい青色のオーバーラップ領域とともに、オブジェクト1レイヤーの緑色のオブジェクトのみが保持されていることがわかります。レイヤーモード(オブジェクト2がオブジェクト1とオーバーラップしている場合)。 オブジェクトXNUMX自体(別名青い円形オブジェクト)は、コンポジションから切り取られています。

交差コンポジットモードGIMPレイヤーチュートリアル

最後のオプションは「交差」オプションです。 このオプションは、互いに交差する最上層と背景層のピクセルのみを保持します。 交差しないピクセルはすべてクリップされます。 上の写真の例(オブジェクト2レイヤーを複合モード交差に設定)でわかるように、オブジェクト1とオブジェクト2の交差によって作成された水色の領域のみが保持されています。 他のすべては、コンポジションから切り取られています。

不透明度を調整する

新しいレイヤーを作成するときの不透明度スライダの調整

新しいレイヤーを作成するときの次のオプションは、不透明度オプションです。 このオプションは、0から100までの値を持つスライダーを使用して、レイヤーがどの程度透明になるか(0が完全透明、または完全に透明)または不透明になるか(100は完全不透明、または完全表示)を決定します。 不透明度スライダー(青い矢印で示されています)をマウスでクリックして左右にドラッグすると、値を増減できます。 スライダーの右にある上下の矢印を使用してさらに細かい調整をすることもできますし(緑色の矢印)、数値をクリックして不透明度の正確な値を手動で入力することもできます(赤い矢)。

まったく新しいレイヤーを作成するときは、レイヤーパネルの不透明度スライダを使用してレイヤーの不透明度をいつでも調整できるため、完全な不透明度(100)から始めることをお勧めします。

レイヤーの幅と高さを選択する

画像の幅と高さを調整する新しいレイヤーGIMPを作成する

不透明度スライダーの下には、新しいレイヤーの幅と高さを設定するオプションがあります(上の写真では緑色で囲まれています)。 デフォルトでは、レイヤーは背景レイヤー(この記事の冒頭で作成したレイヤー)の幅と高さに設定されます。この場合は1920ピクセル×1080ピクセルでした。 高さの値の右側にドロップダウンがあり、レイヤーの寸法の単位を設定できます(赤い矢印で示されています)。 同じドキュメント内で複数のユニットを操作する特別な理由がない限り、ユニットをコンポジションと同じ値に設定しておくことをお勧めします。

コンポジションよりも大きいレイヤーを作成する

デフォルトでは、レイヤーのサイズは背景レイヤーのサイズ(つまり全体のコンポジションサイズ)に設定されていますが、レイヤーを全体のコンポジションサイズよりも大きくしたり小さくしたりすることができます。 上の例のように、レイヤーがコンポジションよりも大きい場合、レイヤーの境界はコンポジションの境界の外側に描画されます(レイヤーの境界は黄色の点線で、画像ウィンドウの外側に表示されます)。 この領域に表示される要素は、画像ウィンドウ内または最終的にエクスポートされたファイルには表示されません(つまり、JPEGにエクスポートした場合、コンポジション境界の外側にあるレイヤー境界の部分は切り取られます)。

レイヤーの寸法をコンポジション全体のサイズより小さくすると、レイヤーの境界がコンポジションの内側に表示されます。 あなたのレイヤー境界を越えるそのレイヤー上に描かれたどんな要素も切り取られるでしょう。

レイヤーのXとYのオフセット値

GIMPのオフセットXとオフセットYのレイヤ値

次は、「オフセットX」フィールドと「オフセットY」フィールドです(上の写真では緑色で囲まれています)。 これらのオプションを使用すると、作成された新しいレイヤーの位置をオフセットできます。 デフォルトでは、レイヤーはキャンバスの左上隅に配置されます(レイヤーがコンポジション全体のサイズよりも大きい場合でも小さい場合でも)。 ただし、新しいレイヤーをこのように配置したくない場合は、X軸(コンポジションで左から右に移動する軸)またはY軸(軸)のいずれかのオフセット値を入力できます。レイヤーの位置をカスタマイズするために、コンポジションで上下します。

オフセットXとYのサンプル画像GIMPレイヤーチュートリアル

たとえば、オフセットX値に「50」、オフセットY値に「25」と入力すると(このセクションの最初の写真で行ったように)、新しいレイヤーを作成すると、50ピクセルオフセットされます。コンポジションの左端の右側で、コンポジションの最上部から25ピクセル下にあります(上の写真の例でわかるように、レイヤーの境界がオフセットされている黄色の点線を見てください)。

レイヤーに塗りを追加する

レイヤーフィルタイプGIMP 2019

新しいレイヤーを作成する前の最後のオプションは、「Fillwith」タイプを設定することです。 これは、チュートリアルの最初に新しいイメージを作成したときのオプションでもあったことを思い出してください。 デフォルトでは、このオプションは「透明度」に設定されていますが、ドロップダウンボックスをクリックして他のいくつかのオプションを選択することもできます。 「前景色」は、現在前景色として設定している色で新しいレイヤー全体を塗りつぶします。 「背景色」は、現在背景色として設定している色で新しいレイヤー全体を塗りつぶします。 「白」は、新しいレイヤー全体を真っ白で塗りつぶします。 「透明度」は、レイヤーを色で塗りつぶさず、レイヤー全体を透けて見せます(より専門的に言えば、アルファチャンネルのみを表示し、色は表示しません)。 「パターン」は、アクティブになっているパターンで新しいレイヤー全体を塗りつぶします([パターン]ダイアログでアクティブなパターンを設定できます)。

すでに背景レイヤーがあり、新しいレイヤーにペイントしたり、任意の種類のピクセル要素(画像を含む)を追加したりする場合は、[塗りつぶし]タイプを[透明度]に設定することをお勧めします。 これにより、新しいレイヤーの背景が、以前に作成した元の背景レイヤーを覆い隠さないようになります。

目的のスイッチを確認する

スイッチセクションGIMPチュートリアルで新しいレイヤーを作成する

[新しいレイヤーの作成]ダイアログボックスの最後の項目は、[スイッチ]チェックボックスです(これまで使用してきた他のすべてのオプションの右側のXNUMX番目の列にあります。上の写真では緑色で示されています)。 これらのオプションには、「表示」、「リンク」、「ピクセルのロック」、「位置とサイズのロック」、「アルファのロック」が含まれます。

[表示]オプションは、作成したレイヤを表示するか非表示にするかを決定します。 このオプションは、あなたが実際にあなたの新しいレイヤーあるいはそれが作られた後にあなたがそれに置いた何かを見ることができることを確認するためにチェックされるべきです。

「リンク」オプションは、 変換ロック 特徴。 この機能を使用すると、任意の変換ツール(つまり、拡大縮小、回転、遠近法など)を使用して、複数のレイヤーで同じ変換を同時に実行できます。 この機能を機能させるには、「リンク」オプションを有効にして複数のレイヤーを作成する必要があります。

「ピクセルのロック」オプションは、新しいピクセルがレイヤーに描画されないようにします。 たとえば、「ピクセルのロック」機能がオンになっているレイヤーにペイントブラシツールを使用してペイントしようとすると、画像ウィンドウの下部に「アクティブなレイヤーのピクセルがロックされています」というエラーメッセージが表示されます。 これにより、特定のレイヤーでアートワークを既に完成させている場合に、誤って間違ったレイヤーにピクセルを描画するのを防ぐことができます。

「位置とサイズをロック」オプションを使用すると、移動ツールを使用してレイヤーを移動したり、変換ツールを使用してサイズを変更したりするのを防ぐことができます。 この機能を使用して位置とサイズがロックされているレイヤー上のピクセルを移動しようとすると、画像ウィンドウの下部に「アクティブなレイヤーの位置がロックされています」というエラーメッセージが表示されます。

最後に、「アルファをロック」オプションがあります。これにより、レイヤーのアルファチャネルまたは透明度をロックできます。 レイヤーの透明部分に何かをペイントしようとすると、アルファチャンネルがロックされて編集できないため、何も表示されません。 同様に、レイヤー上の既存のピクセルを消去しようとして、そのレイヤーにアルファチャネルがある場合、ピクセルを消去するにはアルファチャネルを編集できる必要があるため、消しゴムは機能しません。 ただし、すでにピクセルがペイントされている領域にペイントすると、実際にその領域にペイントされます(ただし、アルファチャネル、またはレイヤーの透明部分にペイントしようとしても、それらのピクセルは表示されません)。

新しいレイヤーを作成するときは、「表示」スイッチのみをオンにし、他のすべてのオプションは必要になるまで(レイヤーを作成した後)オフのままにしておくのが一般的です。

変更を適用またはキャンセルする

必要な設定をすべて選択したら、[OK]ボタンをクリックして新しいレイヤを作成するか、レイヤを作成せずに[Create a New Layer]ダイアログを閉じたい場合は[Cancel]をクリックします。

GIMPレイヤーパネルの新しいレイヤー

新しいレイヤーが、先ほど作成したBackgroundレイヤーの上のレイヤーパネルに表示されます(赤い矢印で表示)。

このチュートリアルは以上です。 あなたは読める このGIMPレイヤーシリーズのパート2– GIMPレイヤー:このリンクをクリックしてレイヤーの積み重ね順序。 もっとチェックアウトできます 私のウェブサイトのGIMPハウツー記事、私のいずれかを見て 無料のGIMPビデオチュートリアルまたは登録する GIMPクラス GIMPのスキルをさらに磨くために!

GIMPニュースレターを購読する

サインアップして、新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!