主にデスクトップクリエイティブソフトウェアに焦点を当てたYouTubeのコンテンツクリエーターとして、私は何年にもわたってたくさんのユーザーインターフェースを見てきました。

確かに、私よりもはるかに多くのソフトウェアインターフェイスを経験またはテストした作成者、開発者、ユーザーなどがたくさんいます。しかし、私は、研究と開発の両方の開発のさまざまな段階で、ソフトウェアの立派な宝庫をテストして作業しました。コンテンツ作成の目的。

私はのようなものを使用しました GIMP、Premiere Pro、Photoshop、After Effects、Illustrator、Affinity Photo、Affinity Designer、Affinity Publisher、InDesign、Scribus、LibreOffice、Blender、 暗い表、RawTherapee、OBS、Krita、DaVinci Resolve、Final Cut、Oliveなど。 これらのプログラムは、クリエイティブソフトウェアのさまざまなカテゴリにまたがっており、それらにはすべて、さまざまな程度で、私が好きなものと嫌いなものがあります。

UI(「ユーザーインターフェース「)このリストはさまざまなクリエイティブカテゴリにまたがっており、無料と有料の両方のソフトウェアが含まれているため、これらの各プログラムでは大きく異なる可能性があります。

ただし、UIにメジャーアップデートを導入した最近のメジャーリリースバージョンのおかげで、上記のソフトウェアから最近目立つようになったプログラムがXNUMXつあります。無料と有料です。 このプログラムはInkscapeです。

理由は次のとおりです。

最近、Inkscapeは次の1.2安定リリースのベータ版をリリースしました。 Inkscapeに慣れていない場合は、無料のオープンソースのベクターグラフィックエディタです。 これはIllustratorに最も匹敵しますが、Illustratorが一方の宇宙に存在し、インクスケープがもう一方の宇宙に存在するドクターストレンジマルチバースの観点から考える方がおそらく良いでしょう。

Inkscape 1.2:非常に簡単な歴史

私の意見では、Inkscapeには常に多くの可能性がありましたが、風変わりでもありました。 それを「風変わりな」と呼ぶことは、それをうまく表現しています–おそらく「バギー」はより良い用語です。 多くのクラッシュがあり、多くの制限があることが知られていると言えば十分です。

これは特に当てはまります Inkscape1.0は2020年にリリースされました –これにより、機能と機能の点でプログラムがまったく新しいレベルになりましたが、プログラムははるかに不安定になりました。 Inkscape 1.0はまた、プログラムがUIデザインの点でより良い方向に向かっていることを示しましたが、他の最新のクリエイティブソフトウェアと比較して特別なことは何もありませんでした。

2021年の春に InkscapeチームはInkscape1.1をリリースしました、そしてボランティアのInkscape開発者のコ​​ミュニティが、より良いUIを通じてユーザーエクスペリエンスを改善することに焦点を移し始めていることが明らかになりました。

このリリースで、Inkscapeは「ウェルカムスクリーン」を導入しました。これは有料ソフトウェアではかなり標準的ですが、フリーおよびオープンソースソフトウェアではまばらに見られます。 Inkscape 1.1で導入されたその他の注目すべきUIの追加または変更には、ユーザーがフィルターやアクションなどを簡単に検索して適用できるようにする「コマンドパレット」、ドッキング可能なダイアログ(ダイアログをキャンバス上の新しい位置に移動できることを意味します)、改善されたエクスポート機能が含まれます新しいファイル形式へのエクスポートのサポート。

Inkscape1.0とInskcape1.1でのこれらのUIの改善は素晴らしく、Inkscapeがより良いソフトウェアになるための段階的な進歩を遂げるのに役立っています。 これらの機能は便利でエキサイティングですが、これからの機能の基礎を築くだけです。

2022年1.2月に、Inkscape XNUMX Betaがリリースされ、私の意見では、UIデザインの水準が上がりました。

Inkscape 1.2のUIは見栄えが良いだけでなく、他のどのプログラム(私が個人的に経験したこともあります)よりもカスタマイズできるため、基準が引き上げられました。 そして、それがどのように見えるか、そしてそれがカスタマイズされることができる方法はでした ユーザーがフィードバックを提供した結果、開発者はフィードバックを認識して議論し、開発者はそのフィードバックの最適な表現を実装し、ユーザーは実装をテストしてフィードバックループを最初からやり直します。

それはソフトウェア開発であり、民主化されています。 これは、フリーでオープンソースのソフトウェアが存在する理由と、コミュニティ開発を通じてどのように素晴らしいことが達成できるかについての素晴らしいケーススタディです。

Inkscape1.2UIが際立つ理由

では、Inkscape 1.2の新しいUIの何が特に好きですか?

ウェルカム画面の更新

すぐに、ウェルカム画面(これもまた、 Inkscape1.1で最初に導入されました)ユーザーは、[クイックセットアップ]タブ(上の画像で緑色で囲まれています)を使用してUIをカスタマイズできます。 ここで、ユーザーは次のことができます。

  • キャンバス構成を選択し、
  • キーボードショートカットを設定し、
  • アイコンのスタイルと色を([外観]ドロップダウンで)設定し、
  • UIの色を切り替えて、ライトモードまたはダークモードから選択します

ウェルカム画面は応答性が高いため、選択したアイコンによって、ウィンドウの下部にあるアイコンプレビューが自動的に更新されます(上の画像の黄色の矢印)。 さらに、明るいモードと暗いモードを切り替えると、ウェルカム画面の色が変わります(赤い矢印)。

次に、[描画時間]タブ(上の画像で緑色で囲まれている)に移動して、最近のドキュメントを開くか、任意のテンプレートカテゴリ(水色で囲まれている)からテンプレートを選択するか、新しいドキュメントをロードします。コンピュータから(「既存のファイル」タブにあるときに表示される「ロード」ボタンを介して-上の画像で赤で囲まれています)。 最後のオプションはInkscape1.2で導入されました。これは、ウェルカム画面でドキュメントを作成するための機能セットを完成させるのに役立ちました。

「画面」タブの下にある対応するテンプレートファイル(赤い矢印)をクリックして、1920×1080ピクセルのページを開きます。

新しいキャンバス

Inkscapeで新しいドキュメントを開くと、以前のバージョンのInkscapeのユーザーは、刷新されたすっきりとしたキャンバス領域に気付くでしょう。 Inkscape 1.2の場合、開発者はページの周囲の境界線を更新し、「デスク」の色(またはページの周囲の灰色の境界線-上の画像の赤い矢印)を変更し、ページの下のドロップシャドウの外観を改善しました(緑の矢印)。 これらの微妙でありながら重要な変更により、Inkscapeはより快適で親しみやすくなります(特にIllustratorから切り替える場合)。

真新しいページツール(マルチページコンポジション)

ああ、そしてキャンバス領域について言えば–Inkscape1.2は現在サポートしています 複数ページのドキュメント.

イラストレーターからお越しの方のために、翻訳させてください。 Inkscapeは複数のアートボードをサポートするようになりました.

この機能は、「ページツール」(上の画像の赤い矢印)を使用して制御されます。これは、基本的にIllustratorの「アートボードツール」と同じものです。 この新しいツールを使用すると、新しいページをすばやくフリーハンドで描画するか、コントロールバー(緑色の輪郭)を使用して、ドキュメントのプリセットに基づいて新しいページをより正確に作成できます。

また、任意のページを選択してサイズを変更したり、クリックしてドラッグしてページを再配置したり、ページサイズをページ上の任意の選択やアートワークに合わせたりすることもできます。 最後に、複数のページを複数ページのPDFとしてエクスポートできます。

ページツールが付属するこのマルチページ機能は、デザイナーがより複雑でプロフェッショナルなプロジェクトに取り組むのに役立つ、待望の機能です。

非常識なレベルのカスタマイズ

ウェルカム画面での選択に基づいたUI全体の外観に満足できない場合は、[編集]>[設定]>[インターフェイス]>[テーマ]に移動して、画面上のすべての要素の色とサイズを変更できます。 (上の画像の赤い矢印)。

「テーマ」の見出し(上の画像で緑色で囲まれている)の下で、「GTKテーマの変更」の下のGTKテーマをスクロールし、各オプションをクリックすると、さまざまなテーマスタイルのライブプレビューを見ることができます。 スライダーを使用して、UIフォントのサイズ、またはUIの背景色とテキストおよびアイコン(緑色の矢印)のコントラストの量を調整することもできます。 他にコントラストスライダーを見たことがありますか?

「アイコン」の見出し(上の画像で黄色で囲まれている)の下で、「アイコンテーマの変更」ドロップダウンを使用してXNUMXつのアイコンテーマのいずれかから選択できます。 「マルチカラー」または「ハイカラー」オプションのいずれかを選択すると、アイコンの「シンボリック」バージョンの選択(黄色の矢印)やシンボリックアイコンに使用される色の選択(ライト)などの追加オプションが表示されます。青い矢印)–「アイコンカラーベース」とXNUMXつの「アイコンカラーハイライト」を含みます。 これらの色は任意の色にすることができ、カラーホイール、選択したカラーモードのスライダー、またはHEXコードを使用して選択できます。

[設定]ダイアログ内で[インターフェイス]>[ツールバー](上の画像の赤い矢印)に移動すると、ユーザーインターフェイス全体で使用されるツールバーとアイコンのカスタマイズが表示されます。 ここで「ツールバー」セクション(黄色で囲まれている)の下に表示されるすべてのツールは、デフォルトでオンになっているため、ツールバーに表示されます。 いずれかのアイコン(水色の矢印)をクリックすると、そのツールが「オフ」に切り替わり、ツールバーから非表示になります。

ツールバーアイコンの下には、100対のスライダーがあります。 上のスライダー(上の写真の赤い矢印)ではツールバーアイコンのサイズを調整でき(赤で囲まれています)、下のスライダー(明るいぼかしの矢印)ではコントロールバーアイコンのサイズを調整できます(ライトブルー)。 どちらも300%から始まり、5%まで上がることに気付くでしょう。 これは、アイコンのサイズを元のサイズのXNUMX倍まで増やすことができることを意味します。 これらの値の間の増分もかなり小さく(約XNUMX%の増分)、UIアイコンを調整するための前例のないレベルの粒度を示しています。

これは、この新しいリリース全体で見られる、プログラムの外観を高度に制御する多くの例の1.2つにすぎません。 設定ダイアログを終了して、InkscapeXNUMXの他のすばらしいUI機能を紹介しましょう。

より詳細な制御、カスタマイズのためにカラーパレットを更新

キャンバス領域の下には、カラーパレットがあります。これは、オブジェクトやテキストなどの色を選択する領域です(上の写真では緑色で囲まれています)。 以前のバージョンでは、このパレットは専用のスクロールバーを使用し、カラータイルは固定サイズでした。

キャンバスが原因で、カラーパレットのスクロールバーに問題がありました また スクロールバー(上の画像の赤い矢印)を使用して、ページを水平方向に移動します。 つまり、同じ近くにXNUMXつのスクロールバーがあり、新しいユーザーがXNUMXつのバーを他のバーと区別するのが混乱していました。 新規ユーザーにとってさらに混乱するのは、カラーパレットのスクロールバーがホバー時にのみ表示されるため、そこにあることを知らないと簡単に見落とされる可能性があることです。

Inkscape 1.2では、スクロールバーがカラーパレットの右側にある上下の矢印(上の画像では赤い矢印で示され、赤い輪郭で示されています)に置き換えられ、ユーザーが利用可能なさまざまなものを検索またはスクロールできるようになりました。色。

上下の矢印のすぐ右側には、他の使用可能なカラーパレットを表示および選択するためのメニューがあります(画像の赤い矢印)。 この機能が更新され、各カラーパレットで使用可能なさまざまな見本の小さなカラープレビューが含まれるようになりました(緑色で強調表示された領域-各カラーパレットの名前の下に小さな見本のプレビューが表示されます)。

さらに、このメニューの一番下には「設定」リンク(水色の矢印)があります。

ここで、ユーザーはカラーパレットの外観を調整できるようになりました。 「タイルサイズ」スライダー(赤い矢印)、色のアスペクト比(緑の矢印-幅と高さの比率、スライダーの0は正方形)を使用して、カラータイルのサイズを調整できます。タイル、各タイルの周囲の境界線のサイズ(水色の矢印)、およびカラーバーに表示される見本の行数(黄色の矢印)。 写真を見ると、タイルサイズを大きくする、アスペクト比を大きくしてタイルをつぶす、各タイルの周囲に太い境界線を追加する、表示されるタイル行の数を3に増やすなど、いくつかの調整を行ったことがわかります。

繰り返しになりますが、これらのきめ細かい設定により、ユーザーはカラーパレットとInkscape1.2UIのルックアンドフィールを最終的に制御できます。 これは、要素のサイズとスタイルが、より不格好な選択肢ではなく、ユーザーフレンドリーなスライダーによって制御され、スライダーの値の範囲が広いことを考えると、特に当てはまります。

比較を通して、これがどれほど素晴らしいかを示しましょう。

このカラーパレットの設定ダイアログに表示される「タイルサイズ」スライダー(上の画像の赤い矢印)は、4刻みで32から1までの値を保持します(19と4の両方を含む合計32の値があることを意味します)。 または、Adobe Illustratorの「見本」パネルには、タイルサイズの値として「小」、「中」、「大」の3つしか表示されません。 有料ソフトウェアであるIllustratorは、完全に無料の新しいInkscape 1.2に比べて、制御やカスタマイズ性がはるかに低くなっています。

簡略化されたスナップとスマートガイド

Inkscapeの驚くべき新しいUIを示すこの記事の最後の例は、新しく作り直された「スナップコントロールバー」です。 以前のバージョンのInkscapeでは、このバーはキャンバスの右側全体に沿って配置され、すべてのスナップコントロールアイコンを同時に表示していました。 これは当然のことながら新しいユーザーに選択肢を氾濫させ、これらのコントロールを使用することは混乱を招き、やりがいのあるものになりました。

Inkscape 1.2では、スナップコントロールバーは単一のアイコンと回転メニュー、またはInkscapeがそれを呼ぶのが好きな「ポップオーバーメニュー」に縮小されました(赤で輪郭が描かれ、画像の矢印で示されています)。 アイコンをクリックするとスナップコントロールが有効になり、もう一度クリックするとスナップが無効になります。 ユーザーがより詳細に制御したい場合は、ポップオーバーメニュー(三角形のアイコン)をクリックすると、スナップが現在オンになっているかどうかを通知するチェックボックスとXNUMXつの新しいアイコンが表示されます。

最初のXNUMXつのアイコンはかなり標準的です。境界ボックスにスナップし(赤い矢印)、ノードのスナップを有効にします(緑の矢印)。 XNUMX番目のアイコンは、非常にエキサイティングで待望の機能です。キャンバス上での配置。ユーザーには「スマートガイド」(水色の矢印)としても知られています。

有効にすると(通常はデフォルトで無効になっているため、アイコンをクリックして有効にします)、ユーザーがオブジェクトを移動するときに、キャンバス上にガイドが直接表示されるようになりました(画像の赤い矢印)。 AdobeIllustratorやAffinityDesignerなどの他のソフトウェアと同様に、これらのガイドは、ユーザーがオブジェクトをページの中央に揃えたり、他のオブジェクトの中央に揃えたり、オブジェクトを等間隔に配置したり、等間隔のオブジェクトのグリッドをすばやく作成したりするのに役立ちます。

最後に、「ポップオーバーメニュー」に戻ると、ウィンドウの下部に「詳細モード」というラベルの付いたリンクがあります。

このリンクをクリックすると、個々のスナップ機能を有効または無効にできる追加のスナップコントロールに移動します。 これらはすべて、以前のバージョンでInkscapeキャンバスウィンドウの右側全体に沿って表示するために使用されていたスナップコントロールです。 彼らは今、このメニューにきちんと隠れています。 より簡単な設定に戻るには、「単純なスナップモードにリセット」(画像の赤い矢印)をクリックします。

無料のベクターグラフィックエディタであるInkscapeは、この印象的なInkscape1.2リリースでUIゲームを真剣に強化しました。 複数のレベルでUI設定をきめ細かく(今日の言葉で)制御できるだけでなく、多くのコントロールを簡素化してユーザーエクスペリエンスを向上させると同時に、上級ユーザーが簡単にアクセスできるメニューでこれらのコントロールを利用できるようにします。

Inkscape 1.2の新機能の詳細については、このメガリリースバージョン(近日公開予定)のすべての最新機能をカバーするビデオチュートリアルをご覧ください。 そして、いつものように、Inkscapeの最新バージョンを無料でダウンロードできます。 Inkscape.org.

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有