Davies Media Designにようこそ。この記事では、GIMPコンポジションから任意のファイルタイプに単一レイヤーをエクスポートする方法について説明します。

これを使用する場合の例を次に示します。多数のレイヤーが開いているコンポジションがありますが、レイヤーのXNUMXつを分離し、そのレイヤーを特定のファイルタイプ(PNGまたはJPEG画像)にエクスポートしたいとします。 これをどのように達成しますか?

無料の写真エディタであるGIMPでは、答えは簡単です(複数の方法があります)。 飛び込みましょう!

手始めに、複数のレイヤーで作成され、複数のレイヤーをサポートするフォーマットでコンポジションを開いてください(つまり、.XCFまたは.PSDドキュメント– GIMPはデフォルトで.XCFファイル形式を使用するため、 GIMPの場合、ファイルはすでに開いているはずです)。 上の写真の構図例には約16のレイヤーがあります(すべてのレイヤーは緑色で囲まれています)。

次のステップでは、エクスポートするレイヤーを分離する必要があります。 ここで、これを実現するために選択できる複数の方法があります。

GIMPからレイヤーをエクスポートする方法1

最初の方法では、分離してエクスポートするレイヤーの横にある目のアイコンをShiftキーを押しながらクリックするだけです。 たとえば、女性モデル(彼女を指す黄色の矢印があります)を含むレイヤーをエクスポートする場合は、そのレイヤーの横にある目のアイコン(上の画像の赤い矢印)をShiftキーを押しながらクリックします。

これで、他のレイヤーのすべての目のアイコンが非表示になり、Shiftキーを押しながらクリックしたアイコンだけが表示されます。 このアイコンは「表示/非表示」アイコンと呼ばれ、Shiftキーを押しながらクリックすると、クリックしたレイヤー以外のコンポジション内の他のすべてのレイヤーの表示または非表示のステータスを変更するためのショートカットになります。

したがって、この場合、コンポジション内の他のすべてのレイヤーを非表示にしました。 これで、表示されている唯一のレイヤー、つまり女性モデルのレイヤーをエクスポートできます。

ただし、エクスポートする前に注意する必要があることが1920つあります。 構成の全体的なサイズは変更されていません。 元の画像合成境界のサイズのままです(上の写真の青い矢印)。 つまり、ここでレイヤーをエクスポートすると、個々のレイヤーのサイズではなく、このサイズ(1080xXNUMXpx)として出力されます。 XNUMX番目の方法でこの問題は解決しますが、最初の方法では、このサイズでレイヤーをエクスポートするだけです。

Shift + Ctrl + Eを押してレイヤーをエクスポートするか、[ファイル]> [名前を付けてエクスポート]に移動します(上の画像の赤い矢印)。

ファイルの名前を任意の名前に変更します(上の画像の赤い矢印–ここで行ったようにファイル拡張子を名前に含めることができます– .png –または今のところ省略します)。 次に、[拡張子でファイルタイプを選択]ドロップダウン(青い矢印)をクリックして、保存するファイルタイプを選択します。 たとえば、この場合、PNGファイルは透明な背景をサポートしているため、「PNG画像」ファイルタイプを選択できます。 右下の「エクスポート」ボタンをクリックして、ファイルをエクスポートします。

次に、Shiftキーを押しながら目のアイコン(赤い矢印)をもう一度クリックして、コンポジション内のすべてのレイヤーを再表示できます。

GIMPからレイヤーをエクスポートする方法2

XNUMX番目の方法では、エクスポートするレイヤーを新しいコンポジションとして開いて分離します。 この例では、男性モデルのレイヤーを使用します。

レイヤーを新しいコンポジションとして開くには、レイヤーをクリックしてレイヤーのパネルからツールボックスにドラッグします(写真の右下の赤い矢印から左上の赤い矢印をたどります)。 ツールボックスにカーソルを合わせたら、マウスを放します(GIMPの新しいバージョンでは、ツールボックスにカーソルを合わせると、ツールボックスの上下に白い輪郭が表示されます)。

GIMPはこの単層を新しいコンポジションとして開きます。 新しいコンポジションのサイズは、男性モデルのレイヤーと同じサイズになります。

注意する必要があるのは、この特定のレイヤーにはレイヤーマスクが関連付けられているため(上​​の画像の赤い矢印)、レイヤーサイズ自体はレイヤーマスクの下に隠れている元の画像のサイズです。 レイヤーマスクがどのように機能するかわからない場合は、 レイヤーとレイヤーマスクに関するこのGIMPチュートリアルをチェックすることをお勧めします またはあなたがすることができます レイヤーマスクについて厳密にこの記事を読んでください.

画像をそのままエクスポートすることも、レイヤーマスクをそのままにして、画像の余分な透明度を切り抜くための簡単な手順を実行することもできます。 後者のオプションは、デモンストレーションの目的で実行します。

[画像]> [コンテンツに切り抜き](上の画像の赤い矢印)に移動して、モデルの周囲の余分な透明度をすべて切り抜きます。 画像の境界が画像内のピクセルまで縮小し(上の画像の黄色の矢印)、モデルの周囲の余分なスペースが切り取られているのがわかります。 ただし、[レイヤー]パネルを見ると、レイヤーマスクは画像上でそのまま残っています(青い矢印)。

すべてがお好みに合わせて設定されたら、もう一度[ファイル]> [名前を付けてエクスポート]に移動するか、shift + ctrl + eを使用して画像をエクスポートできます。 方法1(この記事の前半で示した)の最後の手順に従って、ファイルタイプの選択と、レイヤーを独自のイメージとしてエクスポートすることができます。

このチュートリアルは以上です。 あなたがそれを好きなら、あなたは私のotをチェックすることができます彼女のGIMPビデオチュートリアル, GIMPヘルプ記事になるか、より多くのコンテンツにアクセスできます DMDプレミアム会員!

DMDニュースレターを購読する

DMDニュースレターを購読する

サインアップして、お気に入りのオープンソースソフトウェアに関する新しいチュートリアル、コースの更新、および最新ニュースを受け取ります。

あなたが正常に登録しています!

Pinterestの上でそれをピン

これを共有